読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

白い花の舞い散る時間

4086006472白い花の舞い散る時間
友桐 夏 水上 カオリ
集英社 2005-09-01

by G-Tools

真実なんてどうでもいい。
事実ならここに構築してみせる。
──信じろ。

巡回先のサイトでだいぶ前に物凄くお勧めされていたのを最近思い出し、生まれて初めてコバルト文庫に手を出してみたんですがこれは凄い。
こんな作品が溢れているんだったら俺コバルト文庫買いあさっちゃうよ!!(その認識は間違ってます)


「チャットで知り合った少女5人が、お互いの正体を明かさずに山奥の館で4泊5日のオフ会を開く」というあらすじからいわゆる「館モノ」のミステリ風展開を予想していましたが読んでみると全くそんな事は無く。

あまり詳しい事はミステリという物語の性質上書けませんけど、5日目朝の素晴らしいどんでん返しに読んでて思わず声が出ましたよ。
「えっ、なにこれ……」とか読みながら思わず呟いてました。


とりあえずものすごい策略系邪悪っ娘が居るのでその筋の属性のある人(=俺)にはもうたまらない作品かと。
少々設定に無理があるかな、と思わないでもないにせよ、それまでの世界が一気にひっくり返る終盤の展開は実に見事でした。


同じく「リリカル・ミステリー」という副題で「春待ちの姫君たち」という第2弾を出しているのでこっちにも期待してます。



しかし、まさか自分がコバルト文庫にすら手を出す事になるとは数年前なら夢にも思わなかったでしょうね…
や、面白ければ何処のレーベルから出てようがかまわないですけど。
こうなれば次は二次元ドリーム文庫辺りかな!!(流石にそれは無い)