読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

「オタク」の珍獣扱いここに極まれり、ってか?

別件で検索していて見つけたとあるblog、読んでみるとどうも俺の大学の今年の新入生が書いているようでした。


稚拙ながらも新しい生活に対する希望に満ち溢れたその文章は、大学で4年も過ごしてすっかり日常に擦り切れてしまった俺にとっては眩しい限り。
自分が新入生だった頃の事を懐かしく思い出しながらしばし読みふけってしまいました。


そして読み進めていくうちに、6月始めに行われる大学祭のプレ企画である仮装行列にクラスで参加するだとか言う記事を見つけたんですが、

うちのクラスの仮装テーマは「オタクとメイド」です!!

…メイドはさておき「オタクの仮装」って何ですか。


続く記述では、どうやら彼女(書き手は女性です)はメイド服を着たかったけど作る余裕が無くて「女の子のオタク」の仮装をするにはどうしたらいいか困っているそうで。知るか。
というか、「オタクの仮装」やりたいなら別に特別な格好なんかしないで工学部or理学部の男子学生(俺とか)そのままの格好で歩かせればいいんですよ(暴言)


秋葉原等でウォッチ対象にされているという話はたまに聞きますけど、仮装のネタにまでされてしまうというのは世間一般からは「オタク」と分類される立場の身としてはなんとも複雑な気分ですね。

こうなったらどんな仮装をしているのか確かめるためだけに、今まで一度も観た事のない仮装行列を見物しに行ってしまいそうです。
むしろ真性ヲタをなめるなよといって仮装に混じってきましょうか(いくらなんでもそれは無理です)