読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ

game

「あなたなら………
爆発したときにつきあってくれるかな」


序盤でなされた説明を勘案するに、現在物語的には終盤の入り口あたりまで来たというところでしょうか。
普通にテキストを読み進めていくだけのノベルゲームとは進行が違いすぎるので一概には言えませんけど。


作品の内容についての感想はクリアしてからにしておくとして、今回の謎解きに関して言えば「LOST COLORS」再びといったところ。
現在までヒント無しで乗り越えててきているので、このまま完全クリアまで突っ走りたいところです。
ヒントを見るついでにネタバレしてしまい涙を呑んだ「ロストカラーズ」の轍はもう踏みませんよ!!(無駄にエキサイト)


とはいえ、普通のノベルゲームしかやった事のない人には恐らく最初の爆弾ですら相当難しいと思うので、助けになるようにヒントを書いておきますね。(最近「だらよ」のタイトルで検索してくる人多いんですよ)
一時はAmazonのソフトウェアカテゴリ予約ランキング1位を取ったほど売れたようですし。

そう、あたしたちはこんなにも理不尽な世界に生きているのだらよ」攻略メモ(初心者向け)


自転車創業OHPネタバレガイドラインに沿って「続きを読む」記法で。


なるべく気をつけていますが、ネタバレしたくない人は読まないことをお薦めします。






<心がけるべきこと>


何よりも先に、マニュアルの「物語に詰まったら」を読みましょう。
必要なことはほぼ全てそこに書いてあります。あとはいかにそれを実際のゲームにおいて応用するかだけ。


…と、突き放すだけではあまりにも可哀そうなのでテクニックと心構え的なことを少々書いてみましょうか。

  • 「選択肢総当り」「適当に選択してみる」なんてのは自転車創業ゲーを遊ぶにおいては言語道断!! ヒントは必ずどこかにあります。あきらめずに探しましょう。
  • テキストのみがヒントではありません。「ゲーム画面」(ウィンドウに映っている光景)や音にも注意を払いましょう。なかにはほんの一瞬しか見つけるチャンスのないヒントもあるので注意。
  • 新しい記憶を手に入れたら即資料室へ。調べ物は出来る限り行いましょう。
  • ある場所での謎解きを進行させるためのアイテムや記憶が、同じ場所にある事はほとんどありません。同時並行でいろいろな場所の爆弾探しを進めるのが吉。
  • どうしても進めなくなったら、自室で記憶一覧を読み返したり、ANOSモードでなく通常モードで既読部分を再度進めてみるのも良いかもしれません。急がば回れです。
  • あるアイテムを使わなければ進めない場合、「アイテムの使い方」等よりは「アイテムそのもの」を記憶している方が正解の場合が多いです(状況によっても変わりますが)
  • 探索の過程において、「行く意味のない場所」というのは存在しません。(通う回数の大小はあり)何も無いと思って素通りした場所も注意深く探してみれば違った一面が見えてくるかも?


マニュアルと重複しているものもありますが、このあたりのことに気をつければおおよそ大丈夫かと。
個別の謎に関して具体的に述べることは容易にネタバレに近づくので避けます。


とはいえ、偉そうにこんな事を書いている俺も最初の爆弾で1時間ほど悩んだのは秘密です。
が、そこで使った謎解きテクニックはその後もかなり役に立つので、いきなりこんな難しいのを解かせて初心者つまづかせてどうするんだと言う批判はお門違いなんでしょうね。
基本的な謎解きのバリエーションは最初の爆弾の時点でほぼ全て出ているので、詰まったときは自分がどうやって乗り越えたのか思い返してみると良いかもしれません。



あと、これは攻略とは若干違いますがセーブはこまめに行いましょう。
今回は原因不明の強制終了が多いです。
特に選択肢が出ている場面でANOSモードと記憶管理モードを行ったり来たりすると発生しやすいようです。
せっかく謎解きに成功してもセーブしていなかったお陰で強制終了してその前からやり直しになると面倒なことこの上ないので、何か変化があって自室に帰ってきた度にセーブしておくといいと思います。