読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

狼と香辛料

狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫)

読了して一言。おそらく誰もが言いたくなるであろう事で、いまさら俺が言わんでもとも思うがそれでも言わせて。


ホ ロ か わ い い よ ホ ロ


とにかくも収穫の女神にして狼神のヒロイン ホロ(表紙の人ね)が素晴らしすぎる。
数百年を生きた賢狼の化身に相応しい老獪さと、見た目通りの少女の無邪気さを違和感無く同居させるキャラ立ては本当に見事だと思います。
物語のほとんどの部分を占める主人公とホロの掛け合いが本当に面白いんですよね。
ホロ相手ではからかわれてばかりの主人公も、人間相手ならそれなりに頭の切れる「大人」の人物なのも好印象。


俺の場合、これに人外キャラ好き補正がかかってホロの魅力が3割増しくらいになっている気がしてならないですが。


更にそれに加えて地味にながらも地に足の着いた世界設定と、堅実に定石を押さえた構成が加わるのだから鬼に金棒。
久しぶりの気持ちよく楽しませてもらえるラノベでした。続刊も早く買おう。