読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

未来日記

未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))

未来日記 (1) (角川コミックス・エース (KCA129-5))


未来日記 (2) (カドカワコミックスAエース)

未来日記 (2) (カドカワコミックスAエース)

ほうぼうで話題になっているのは知っていましたが、読んで納得。
ヒロイン我妻由乃*1のあまりにも強烈な個性で引っ張るお話でした。


非常に優れた状況判断能力と、中学生の女の子とは思えないような戦闘能力(手斧で成人男性と渡り合っちゃうのは正直どうかと思う)を持ちながらも、そもそもの行動のモチベーションが主人公への偏愛とも言うべき一方的な異常な愛情、簡単に言えばストーカーですからね。
俺が以前書いた分類マトリックスでなら「愛情MAX - 理性MAX」で左上の極致に行くような人物です。
「絶対守るよ 何を犠牲にしてでも」の台詞の通り、主人公を他の未来予知能力者から守るためには殺人すら笑顔を浮かべ平然とこなすさまはまさに邪悪ヒロイン

それぞれにタイプの違う未来予知能力者12人によるサバイバルゲームというストーリーの展開上、主人公と由乃がパートナーとして協力して事に当たるというのは王道ですがそこで通り一遍の「主人公に守られる」ヒロインを持ってこなかったのはある意味上手いです。


それにしても、多少マイナー寄りだとはいえ少年誌の範疇に含まれる少年Aでこれが連載されているというのはかなりの驚き。
やはり時代はこの手のヒロインを求めているのか。

*1:1巻表紙の目が逝ってるピンクの人ね