読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

2006年総括(blog編)

2003年2004年2005年に続いて今年(去年)も総括テキストを書く季節になってきましたね。
今までは時系列順に1月から日記の内容についてコメントしてきましたが、今回は趣向を変えて今年のベストエントリトップ10でいきたいと思います。
ベストと言っても自分で選出するのはあれなので、はてなブックマークにおいて被ブックマーク数が多かった順に10個ということで。


10位

秋葉原って言う街は凄いぞ - 6users
数あるコピペ改変系エントリから唯一ランクイン。
元ネタ↓

(前略)
温かいご飯に納豆と味噌汁ですげーうまいぞ。
個人的にはあれは最高のご馳走だと思う。特に朝に食べるって言うのが最高。
昼でもなく、夜でもなく朝だ。これは食った者にしか分からない感動だ。


食った後も家に帰らずそのままバイクで走りに行け。 埼玉とか海が地元にない奴は海を目指して走れ。
今日は関東は晴れのはず。海岸で太陽を拝むべし。
朝っていう時間帯はすごいぞ。外にいるとパワーが沸いてくるぞ。
超感動ものだ。鳥のさえずり、ひんやりとした空気がだんだん暖かくなる。
交通量も増えてどんどんうるさくなってくる。それがまたいい。

改変後↓

(前略)
萌え絵に萌え声ですげーエロいぞ。
個人的にはあれは最高のおかずだと思う。特に隠れてやるって言うのが最高。
エロ漫画でも、AVでもなくエロゲだ。これはやった者にしか分からない感動だ。


クリアした後はそのままショップに新しいの買いに行け。
埼玉とかエロゲショップが地元にない奴は秋葉原を目指して走れ。
今日は関東は晴れのはず。UDXで太陽を拝むべし。
秋葉原っていう街はすごいぞ。メッセサンオーにいるとパワーが沸いてくるぞ。
超感動ものだ。ヲタの話し声、ひんやりとした空気がだんだん生暖かくなる。
交通量も増えてどんどんうるさくなってくる。それがまたいい。

我ながらどういう発想の飛躍があったらこういう改変が出来るのか本気で知りたい。ぼくどうしちゃったんだろう。


他にもコピペ改変エントリといえば佐藤大輔版はぁちゅうコピペ全選手入場のガイドライン@第30回鳥人間コンテストがありますね。
特に鳥人間コンテストの奴は1エントリ書くのに掛けた準備時間で言ったら2006年に書いた全エントリ中5本の指に入るくらい気合を入れていた(20時間くらい掛けた))のですが、扱うネタがあまりにもマニアックすぎて全く話題にならず。
20分ほどで一気に仕上げた「秋葉原って言う街は凄いぞ」がそれなりに話題になったのはやはり扱うネタの普遍性ということなのでしょうか。


9位

エロゲレビューサイト統計調査 - 9users
これをベストエントリに挙げるのはだいぶ疑問だったり。
俺自身が調査をしたわけでは全くなく、二次元陳情のtak99氏の調査結果の概略を抜書きしただけですからね…
元となった調査結果がほとんどブックマークされず、概略を抜粋しただけの俺のエントリがブックマークされニュースサイトで紹介されるという現状には少々疑問が。
抜粋テキストを読んだだけで満足するような人間にはならないように気をつけたいものです。


7位

ヲタ化必要エネルギー - 11users
理系ヲタたる俺の面目躍如なこのエントリ。
はてなダイアリーに移ってから初めて色々な所で紹介されたのもこれでした。
イメージとしては分子間のポテンシャルエネルギー図*1を基にしているんですが、いまいち説明が悪く普通のX-Yグラフとして解釈されることが多くてやきもきしたものです。


7位

偏読日記@はてな - ヲタクの貧乳キャラ愛好 = 「わび」の精神? - 11users
7〜9月の長期更新停止から復帰後一発目のヒットエントリ。
『「わび」の精神』なんてフレーズが素で出てくる酔っ払いの頭は本当に凄いね!!
思いついた瞬間これはいけると思い、書き上げてみて改めてこれはいけると思ったらその通りにヒット。
自虐で逃げずに真剣に考察したら更に良いものが出来たのではないかと今となっては思いますが、当時は「貧乳」とか書いたのが恥ずかしくあれが精一杯でした。


6位

罵倒芸として普通に面白いんですが - 12users
……このエントリが何故これほどブックマークされたのか本当にわかりません。
Erogramscapeでエキセントリックな感想を書いている人と、彼(?)の感想にむきになって反論しているファンについてちょっと意見を述べただけなんですけどね。

5位

実家住まいのほうが重視されるというのは意外でした - 15users
これも9位同様ベストエントリとして良いものかどうか……
はるのあしおと ヴィジュアルファンブック」内のスタッフインタビューの一部を抜粋して載せただけですから。
また、アップ直後の4月に色々なところで紹介されブックマークされた後、なぜか12月にまた紹介されブックマークされるという不思議な運命をたどったエントリでもありました。


4位

邪悪ヒロイン分類表 - 16users
2ch邪悪ヒロインスレからの抜粋。こうしてみると抜粋テキスト多いなぁ。
日常的にスレを見ている人にとっては常識的な事柄でも、そうでない人にとっては興味の対象になるということですね。
個人的にはこの程度のことがどうして騒がれるのかさっぱり判らなかったり。
本エントリを初めとして後述するヒロイン分類や、はてなキーワード邪悪ヒロイン」の作成などによりネット上でこういったタイプの女性キャラクターへの愛好趣味を広めることが出来たのも2006年の特色でした。
ゆくゆくはひところの「ツンデレ」のごとく流行になるまで持っていきたいものです。いやほんとに。



さて、それではベスト3です。
被ブックマーク数で一応順位はつけていますが、全て1user差とほとんど誤差のようなもの。
これら3つが2006年の3大ベストエントリと言っても過言ではないでしょう。

3位

魔法少女はてなちゃんの憂鬱 - 33users
一部のはてなダイアリー間で流行していた「魔法少女はてなちゃん」と2006年のネット全体を席巻した「涼宮ハルヒの憂鬱」のコラボによるコピペ改変(正確には小説の本文改変)
この二つを組み合わせようというアイディアが湧いた瞬間から約3時間(絵2時間半、テキスト30分)という驚異のスピードで完成したエントリでもありました。
あの長い小説本文をたった30分程度で改変しきったあの時の俺には何か憑いていたとしか思えない。
ハルヒの長台詞だけでなく、他の登場人物の台詞も出しておけば更に完成度の高いものに出来たかなとも思いますがそれは後付けの理屈というもの。


2位

逝っちゃってる系ヒロイン分類マトリックス - 34users
12000hit/dayというこのblog始まって以来の大記録を打ち立てたエントリ。
グラフの使用による図式化、そして新概念(逝っちゃってる系ヒロイン)の提唱、独自の視点による調査(グラフへの各キャラクターのプロット)とヒットする要因をこれだけ含んでいればそれなり紹介はされるだろとは思っていましたがまさかここまでとは。
個人的に一番気に入っているエントリでもあります。


それにしても、ここまで受けるということはやはりこういったタイプのヒロインがヒットする余地は十分に有る・・・・・・と考えていいのかな?


そして栄えある1位はと言えば

1位

羅列型ニュースサイトなんて人間がわざわざ運営する程のものじゃない - 35users
準備期間の長さで言ったらトップクラスのこのエントリ。
「羅列型ニュースサイトは自動生成可能なのではないか」と思いついたのが5月の末で、そこから自動生成スクリプトを書き始めて完全に完成したのが10月、エントリを書くまでにいたったのが11月。
最初のアイディアから書き上げるまでおよそ半年かかっていることになります。

こういったニュースサイト論的記事はそこらじゅうで書かれているものの、「自動生成可能なのではないか」と説くだけで終わらずに実際に自動生成スクリプト作ってみる所までやったのは恐らく日本で俺しか居ない気がします。
同じような事をループして語る「ニュースサイト論」はいまいち好きになれないので実証的アプローチを試みようとしたらこうなってしまったというわけ。
読み返してみると感情が入りすぎて稚拙な面も多々あるにせよ、毎度同じような問題提起と同じような反論が同じような面子の間で繰り返されている「ニュースサイト論」に一石を投じることが出来たのなら俺は満足です。



さて、こうして10位から1位まで振り返ってみると話題になった記事たちは

  • 全くオリジナルの発想(分類マトリックス、わびの精神、ヲタ化必要エネルギー、羅列型ニュースサイト)
  • 何らかの元ネタを独自に改変(秋葉原、はてなちゃん)
  • 元ネタそのまま抜粋(実家住まい、罵倒芸邪悪ヒロイン、レビューサイト統計)

の3種類に分かれていることが判ります。
何の芸もなしに抜粋したテキストで勝負するのはあまりよろしくないことだと思いますし、そうやって書いたエントリがヒットしたりすると紹介元になんだか申し訳ない気分になってくるもの。
2007年は出来るだけ上の2種類で勝負していけるようにしようと思います。

*1:一定距離で引力最大=安定