読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

愚者のエンドロール

愚者のエンドロール (角川文庫)

愚者のエンドロール (角川文庫)

春期限定いちごタルト事件」がいまいち楽しめなかったので、多少不安を持ちながら読み始めたのですがいい意味で予想外。

殺人やらなにやらの非日常的事件は無く、「(文化祭用に撮影した)未完のミステリ映画の結末を予想する」という日常のちょっとした謎解きながらも内容は実に「ミステリ」。
「何故未完なのか」という謎と、「映画の結末はどうなるのか」という二つの謎で物語を引っ張ります。

全てのことにおいて深く関わらず省エネルギーを貫くというポリシーがゆえに、自分の(推理)能力を発揮することにためらいを持つ主人公の自己認識の物語でもあり。

まさに「青春ミステリ」の名に相応しい出来でした。


「春期限定〜」のときは今にして思えばさんざん黒キャラと言われていた小山内さんが予想より普通だった*1ので落胆しただけで、お話としては普通に楽しめましたし今年は俺の中で米沢穂信ブームが来そうな予感。

*1:ファル様クラスを期待していたんだからそりゃ期待も裏切られるということです