読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

「感想を書く」ということ

敬愛するMethod of Entryの今日の書評は何だろうと思って見に行ったら俺とほぼ同時期に「DIVE!!」の感想を書いているという偶然に驚く俺。
そして、同じ作品について同じように「面白かった」事について語っているのにそこに存在する圧倒的な文章力の差に心底凹む俺。


はてなダイアリーのキーワードリンクで特定の作品の感想を見て回った経験からすると、俺の日記はまだきちんと書いているほうに含めてよいと思います。
ひどいのになるとタイトル挙げて「面白かった!」一言で終わりとかありますからね。
が、ただ分量を書けば良いと言う訳ではもちろん無く。
対象作品を知らなくてもそれだけで面白く読めて、さらには元の作品に対して興味を沸かすことが出来る「感想」が理想なのですが……


「ただ作品の内容を適度に抜き出して紹介すること」と「他人が読んで面白い『感想』を書くこと」の間にある絶望的なまでの壁を越えるにはどうしたらいいのやら。
そういう意味では今日のヴィザーズ・ブレインについての文章などは駄目にも程がありますけど、その程度しか書けないと心の底では判っていながらも書かずにはいられない自分の業の深さがまた。


……あー、なんかこれ以上は何を書いても泥沼にはまるだけだからこの辺で止めておこう。
とりあえず俺はもっと(まともな)本を読んで文章力磨けって話ですわ。