読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

楽園ヴァイオリン

楽園ヴァイオリン クラシック ノート (コバルト文庫)

楽園ヴァイオリン クラシック ノート (コバルト文庫)

「ねぇ、玉石混交と少数精鋭とどちらが無駄なく賢いと思う? あたしの自慢は友達が少ないことよ」

1年ぶりとなる友桐夏の新刊。
リリカル・ミステリーの名を冠す作品もついにこれで4冊目になりました。


以前からのファンとしての立場なら十分に楽しめましたけど、それ以外の人にはあまりお薦めできないかと。
もともと短編としてコバルト誌上で発表されたという話の一章は中々の完成度ですが、一冊全体で見ると散漫な印象がしていまいち。
そもそも以前の作品を未読の人には全くわからないネタが、特に終盤の全てのまとめに向かいあたりに限って多すぎるのもどうかと思います。


が、「白い花の舞い散る時間」「盤上の四重奏」の以前二作と世界観を共有しているので、前々から読んでいる人には新展開に新勢力登場で乞うご期待とでも言いますか。
「白い花〜」の例の人が無事にいまだ活動していることがわかっただけでも嬉しいです。
今後の作品に再登場して欲しい気持ちもありますが、彼女は既に出オチというか出た時点でネタバレだからなぁ…


つーわけで、未読の人は「白い花〜」から読むんだw 今ならまだ3冊しか出てないし十分シリーズを追えます。
俺が個人的に一番好きなのも「白い花の舞い散る時間」ですし。


<関連リンク>
偏読日記@はてな - 白い花の舞い散る時間
偏読日記@はてな - 盤上の四重奏