読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

魔法少女リリカルなのはStrikerS 18話「翼、ふたたび」

感想 アニメ

恒例の一人実況。

相変わらずミリタリネタと組織ネタに走りすぎなのは仕様です。
とりあえずレジアス中将の扱いの酷さに全俺が泣いた。


新オープニングキター
もうスバルとなのはどっちが主人公だかわからない、というかダブル主人公ですね
あと走ってる(?)ヴィヴィオが凄い変w なんだあの動きはw


空戦魔導師じゃなくても「墜落」扱いされるエリオとキャロ
なんというか、どんだけ人間兵器扱いしてるんだという話ですよ
重傷や軽傷といった「人間としての状態」とは別に、戦闘が可能かどうかで「墜落」判定が下されるということか(単純に製作側のミスという気も大いにしますけど)


ぼろぼろになったヴィヴィオの人形→ショックを受けるなのは→人形→ショックを受ける(略→人形→ショックを(略
の3段オチには不謹慎だけど笑いがこみ上げてきました
そんな強調しなくていいよw


「身体のことは黙っとくように」という事は最初から知ってたのかー
度を越した大食い、コミック版での異常な身体能力、1話で大火災の中なのに生身で彷徨、あとは・・・
「怖いのとか痛いのが嫌いだった」というのもある意味自らの出自を知るからこその言葉とも取れるわけで、スバルの身体に関する伏線っていま思うとだいぶ貼られてたんですね


レジアス中将は時空管理局入局40年……とはいえ、9歳児を働かせたりしてる組織だから意外に若い可能性もあるか。

能力が個人の先天資質に依存しすぎる魔導師中心の治安維持体制から、「安定して数をそろえられる量産可能な力」に移行しようというのはあながち間違った話じゃないんだけど協力する相手を誤ったね

スカ博士の行動原理がいまいちわからないんですが、純粋に自らの技術を世の中一般にお披露目したいっつうことでいいんですかね。地上本部を襲ったのはそれがミッドチルダで最も強大な目標だったというだけのことで。
そして中将ちょっとうろたえすぎw 物を投げるなw


クアットロちょっと自重
「○番の何々です」というナンバーズの自己紹介は、誰だ誰だかわかり辛いのを自覚してるって事でしょうか
参考:*すうがくはいくらやってもわからない* - なのはの敵が大杉で判別できない人へ(修正版)

……そしてやっぱりヴィヴィオはこうなるんだね。さらわれた時点である程度は予想してたけど。
今後はA'sのはやて同様に敵として立ちふさがってくるんだろうなぁ。



前回がどん底だとしたら、今回ですこし復活の兆しが見えてきた感じ。
六課隊舎が消滅(比喩じゃなく)してしまったので今後は拠点をアースラに移して拠点侵攻作戦でしょうか?
ラストバトルの燃えっぷりにいまから期待。これだけ登場人物が増えたんだから全員に見せ場をつくったら1〜2話じゃ足りませんよ。
・・・なんか重傷すぎたりOPからリストラされたりで最終回まで登場しなさそうな人も居ますけど。