読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

感想 映画

TV版を見たのが10年前で、そこまで熱心なファンではなかったため大まかな話の流れは覚えていても細部は完全に失念していたので新鮮な気持ちで鑑賞。
なんだかんだいって一時代を築いた作品、それも物語がまだ素直で判り易かった序盤部分の映画化ということで文句なく楽しめました。
どれが新規カットなのか判らない、というよりほとんどの箇所に手が入っていてリメイクというより描き直しの新作に近い気がします。


そして内容と言えば、初号機発進シーンのけれん味溢れるメカ描写に度肝を抜かれ、10年間の技術の進歩は大したものだと思っていたら更にその上を行くヤシマ作戦の燃えっぷりに俺震撼。

TV版でのただのドリル付き八面体を、あれほどに魅力ある敵役怪獣(みたいなものですよね?)に進化させられるなんて・・・!

そのラミエルに対抗して編み出す「日本全国の電力を陽電子砲の一射撃につぎ込む」という冷静に考えれば馬鹿極まりないネタを、過剰演出で押し切るヤシマ作戦の描写はまさに馬鹿SF(褒め言葉)の極致だと思います。

作戦会議からVSラミエル戦までのシーンを見て何も感じないのは人間としてどうかと思うよ(暴言)
それまでblogでどう感想書こうかとか色々考えながら観ていた雑念が全て吹っ飛びました。鳥肌立ちっぱなし。
正直あの辺りのためだけにDVDを買いたいくらいです。



ミサトの「みんながあなたのことを頼りにしてるのよ」という台詞とそれに被せられるNERV一般職員たち、全国のみんなオラに力を分けてくれという台詞がまさに相応しいヤシマ作戦
前半の葛藤はそのままでも、上記のようなシーンにかなりの時間を割いている今回の映画版はそれだけ見ると物凄く真っ当なヒーローものロボットアニメの主人公成長物語になってますよ。
エヴァってそんな話でしたっけ?

(どうでもいい話ですがみんなラミエルを話題にし過ぎ 誰でも考えることは一緒か)


ちなみに観た人は皆話題にする次回予告には俺もびっくり。ほとんど完全な新作じゃないですか?
知らない人や知らないメカが沢山出てきて何がなにやらでした。