読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

最初のバージョンの公開は2003年11月だなんて、もはやライフワークの域

ギャルゲーヒロイン自動生成PerlからPHPに移植するついでに、機能を増やしてVer3に移行しようと計画中。


昔に書いたスクリプトというのは後から見返すと酷く見えるとはよく言いますが、幾らなんでもこれは酷すぎです。

最初はPHPPerlは文法がある程度は似てるから少々の手直しでそのまま移植できるはずと思っていましたが、動かない部分を削っていったらトータル150行くらいうちまともに動く部分は20行ていど。
俺が昨日生まれて初めてPHPを触ったというのもありますが、まだ先は長そうです。
今年中には出来るといいなぁ。

そして毎回バージョンアップの度にこうやって昔の自分の酷さをぼやいている気がするので、つまりはそれは少しづつ進歩していることの裏返しだと信じたいですよ。


しかしVer2.1を公開してから2年経ちますが、それっぽい「キャラクター紹介」を生成するという点ではいまだ俺の作ったものを超えるのを見た事がない気がします。
スクリプト本体を初めとして全てのデータを公開しているのでクローンを作ったり改造したりし放題のはずなのに、何故誰もやらないのでしょうね。

こんな事に価値を見出しているのは俺だけということですか。