読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

クジラのソラ 02

感想

クジラのソラ〈02〉 (富士見ファンタジア文庫)

クジラのソラ〈02〉 (富士見ファンタジア文庫)

SFスポ根RTSリアルタイムストラテジー)ラノベ「クジラのソラ」もはや2巻。


まさに王道スポ根でも言うべき1巻の驚異的な勢いに比べると、今回はいくぶんトーンダウンした感が
あとがきでは「だいぶシーンを削って詰め込んだ」とのことなのでこれが本来の文体なのかもしれません。

前回が作中で主人公達が国を背負って戦う(1巻が日本予選なら今回の舞台はワールドグランプリです!)「ゲーム」へのチームメイトそれぞれの情熱を描いたものなら、今回はその「ゲーム」裏の思惑が次第に明らかに。
普通に勝って行って終わる話だとは最初から思っていませんでしたけど、やたらスケールの大きい話になってて驚きました。
ま、「地球に来週した異星人から供与されたゲーム」なんだから何でもありと言えばそうですけど。


1巻が世捨て人のような生活を送っていた天才プレイヤーを努力系プレイヤーの主人公がチームに引き込むお話なら、今回は裏に隠された欺瞞を知り「ゲーム」への情熱を失った主人公がチームメイトとの絆で立ち直るお話。
もう超王道のスポ根なんですが、1巻と2巻で立場を逆にしてそれぞれの成長を描いているのはベタだけど上手だと思いました。
あと今回もスポ根なんで根性と必殺技で勝ちます


しかしなんだ、「対戦ゲームを通して優秀なプレイヤーを徴募」というと電脳戦機バーチャロン(初代)を思い起こしてしまうのは俺だけですか。
あれも確かゲーセンで優秀なパイロットを募集しているという裏設定だったはず。


<関連エントリ>
クジラのソラ(1) - 偏読日記@はてな
1巻の感想。何をそんなにエキサイトしているのですか昔の俺。