読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

まさに信者乙 - シンフォニック=レイン普及版

雑記

結論から言わせてもらいますと、見事に予想を覆されました。
どのキャラクターもそれぞれにしっかりと「自分の思惑」を抱えており、主人公と仲良くいちゃいちゃするだけの単純な萌えキャラを期待していると痛い目を見ます。
嘘、野心、トラウマといったものが渦巻く展開は黒さ満点。
それぞれに情念の濃い登場人物たちの繰り広げるかなり鬱度高めの話です。

偏読日記 - シンフォニック=レインレビュー

シンフォニック=レイン 普及版(via シンフォニック=レイン 普及版 - 或るシンフォニック=レイン好きの住処

工画堂スタジオはそろそろ曲芸商法を笑えなくなって来ている気が。(参考:曲芸商法とは - はてなダイアリー
シンフォニック=レインは2004年発売なのに未だにコミケではグッズを出たりしてますし、それだけ人気があるということなのでしょうか。
それとも他の一般ギャルゲが売れて無さ過ぎるのか。

俺が他にプレイしたことのある工画堂の一般ギャルゲは「状況開始!」だけですけど、買ってしまった自分への怒りやプレイで浪費してしまった時間への後悔からかあのゲームについて考えることを深層心理が拒否してるのでどんなお話だったか本気で思い出せません
まずこの文章を書くまでプレイしたという記憶が抜け落ちていましたし。
どんだけトラウマなんだという話ですよ。



が、こういった周辺の事情がどうあれ「シンフォニック=レイン」という作品そのものが良質であることに疑いはありません。

俺がこの作品に対して言いたいことは既に偏読日記 - シンフォニック=レインレビュー で言い切っているのでいまさら重ねていうことは余りありませんが、今まで各種媒体に掲載されたサイドストーリーがすべて一つにまとまった上で価格は割安という今回の「普及版」はまさに未プレイの人にこそ手にとって欲しいものです。
鬱展開と黒いキャラクター造形に耐性が有る人にはホントお薦めですので。


俺自身は付属サイドストーリーの「こんな空の下で」以外は全て収録作品を持っているので流石にもう買う気はしません。しません。しないはず………

とはいえ省みれば初回版・愛蔵版・デジタルピクチャーコレクション(ファンディスク)・サイドストーリーが収録されたエンジェルアソート Vol.3(工画堂全作品ファンディスク)の4本を既に持っているので今更一本くらい増えた所で変わらないのではないかという風にも思えてきました。安いしね。