読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

今日の購入物

雑記

聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)

聖☆おにいさん(1) (モーニングKC)


巡回先の読書系blogたちで急速に広まりつつあるところで存在を知り、気になって購入。
「世紀末を無事に乗り越えた仏陀とイエスが立川のボロアパートで共同生活」という設定でギャグ漫画をやろうという発想が斜め上過ぎる。何食ってたら思い付くんですかこんなの。


千の剣の舞う空に (ファミ通文庫)

千の剣の舞う空に (ファミ通文庫)


事前の印象と中身の相違について語った内容で、「『.hack』だと思ったら『スラムオンライン』だった」「『スラムオンライン』だと思ったら『連射王』だった」という相反する二つの証言を巡回先のラノベblogで目にし、じゃあ一体どんな話なのかと確かめたくなってきて購入。評価自体はどちらでもそこそこ高かったですし。




4巻まで読んで、そういえば続刊を持っていなかったことに外出先で気付いて買い。
シリーズ全部をまとめて買えばいい気もするのですが、3〜4巻程度のシリーズならともかく本作品のように8巻(+外伝2)なんて事になると積み本が一気に増えて困るんですよ。
未読本専用の収納場所を用意してるんですが、そこは文庫本10冊くらいがキャパシティなもので。


クジラのソラ〈04〉 (富士見ファンタジア文庫)

クジラのソラ〈04〉 (富士見ファンタジア文庫)


こちらも3巻まで読んで、完結巻たる4巻を残していたのでついでに購入。


時載りリンネ!〈1〉はじまりの本 (角川スニーカー文庫)

時載りリンネ!〈1〉はじまりの本 (角川スニーカー文庫)


2007年下半期ラノサイ杯新規作品部門1位(参考:2007年下半期ラノサイ杯結果 - 偏読日記@はてな)かつ、読書ネタの作品という事でずっと気になっていたので買ってみた。
こういった投票企画は、ラノベ専業のオタでない為に新刊を追い切れない俺にとっては実にありがたい物です。


ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))

ラヴクラフト全集 (2) (創元推理文庫 (523‐2))

ラヴクラフト全集〈6〉 (創元推理文庫)

ラヴクラフト全集〈6〉 (創元推理文庫)


全集自体は高校の時に図書室に置いてあったので既読なんですが、いつもの古本屋で2冊だけ叩き売られていたので救出してきました。
しかし最近の俺の本の買い方はもうコレクターの域に入りつつあります。最近多少お金に余裕が出来ているとはいえ、「所有する」事だけを目的に買うなんて昔はやらなかったものなぁ。


氷菓 (角川文庫)

氷菓 (角川文庫)


ひっそりと進行中の米澤穂信の全作品を揃える計画に従い購入。
数ヶ月に一回位のペースで、思い出したときに買っていけば俺が生きている間には揃う…よね?



上と同様にヴォネガットも全作品を揃えようと思っているので、古本屋で見つけて購入。
米澤穂信と違ってこちらは既に故人なのでいつかは全作品を揃える事が出来る…はず。

ヴォネガットの作品は実を言うと既に4冊ほど読んで居るんですけど、まいど俺の表現力では「感想」を書くのが難しすぎる。
あの文章と構成は凄く好きなんですけど……
「何もかもが美しく、傷つけるものはなかった」なんてもう(俺の)墓碑銘にしたっていい。


〔戦略・戦術・兵器詳解〕図説 第一次世界大戦 <上>

〔戦略・戦術・兵器詳解〕図説 第一次世界大戦 <上>


いちおう軍オタの端くれとはいえ、WW1に関しては知識がほぼ皆無だったのでまずは総論的なところから攻めてみる事に。
全体の流れを知らない所で、いきなり部隊史や兵器解説、人物の評伝なんかを読んでも訳が判りませんから。



ここしばらく本屋に行くのを我慢して積み本の消化に勤しんでいたのが、今回の購入物の山で全てリセットされた気が。置くとこ無いよ……
また明日から未読本の山を崩すだけの簡単なお仕事が始まりますね。