読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

「2ちゃんねるでやっていないと恥ずかしいエロゲ」リストの全タイトルにコメントを付けてみた

2ちゃんねるでやっていないと恥ずかしいエロゲ (via まなめはうす
いわゆる「名作」が100本くらい*1挙げられていたので俺が何本プレイしているのかチェックしてみました。

元ネタ……というか発端は 読んでいると恥ずかしいゴミ の「古典」を列挙したエントリですね。

結果はと言えば25/112(プレイ率22.3%)この程度でエロゲオタを名乗るとはおこがましいわ!!


しかし取り上げられている作品達に何らかのバイアスがかかっている様にも思えるのがまた難しいところ。

むしろこういった「○○度チェック」の本当に面白いところは、それを作成した人の認識が問題に如実に現れるということ。
例えば俺が以前 お前ら、軍ヲタ度測ってみないか? - 偏読日記@はてな で紹介したヲタ度チェックが、ある種の偏向した二次元萌えヲタを指向していたように。
そしてそれを受け俺が作成した軍ヲタ度チェックも、「俺の考えるミリヲタの姿」を基準として作られています。

この手のチェック問題に答える時は、単純に自分は何個一致したと騒ぐだけでなくその裏にある問題作成者の姿を思い浮かべるとより楽しいですよ皆さん?

「○○度チェック」の楽しみ方 - 偏読日記@はてな

と以前にも言及しているように。

ぱっと見の印象では時期的には2002〜2006年辺りが多い気が。
PC98なんかの本当の意味での「黎明期」から取り上げないと「古今の名作」にはならないと思うのですが、これもきっと作成者の経験やらなにやらに起因するものでしょう。
メーカーにも偏りがだいぶある気するのもきっと作成者の好みから。


ここで定量的に傾向を示せると良いのですが、流石に112本の発売年度やメーカーの傾向を調べるのは大変すぎたので代わりに112本全てにコメントを付けてみました。
手間としては変わらないように思えるけど気にしないよ。




「○」「×」はプレイ済み/未プレイを表しています。

  • Key『CLANNAD』:×:実はKey作品は「Planetarian」しかやったことないんですよね。リトバスエクスタシー辺りを機会に手を出してみるべきか。
  • Aneken Staff and Vipper姉は一級建築士 -イケない構造設計-』:×:これ同人、というか正式版が出てない以上だれもプレイできませんよこのゲーム?
  • アリスソフト『しまいま。』:×:実はアリスのゲーム、1本もやったことないんだ・・・俺・・・
  • アージュ『君が望む永遠』:×:今度出るリメイク版を買おうかと思ってます。
  • アージュ『マブラヴ』:オルタだけやったのはプレイしたことになるんですか?そのうち最初から通してもう一回やる。
  • TYPE-MOONFate/stay night』:○:3日間くらい食事と寝るとき以外全部Fateという生活をして一気に終わらせたのもいい思い出です。あの頃は若かった。
  • TYPE-MOON月姫』:○:正直琥珀さんで腹黒(邪悪)ヒロインに目覚めたといっても過言ではない。あとプレイ後しばらくは電柱を見ると笑いが止まらなかった。
  • CIRCUS NORTHERN『D.C.P.C.』:×:……何故オリジナルのダカーポでなく、後に追加要素を加えて出たP.C.なのかが良くわからない。
  • オーバーフロー『School Days』:○:攻略チャート自作して全エンドを見ようと頑張ってた昔の俺は必死すぎる。あと毎日「鮮血の結末」を見て心を落ち着かせてから寝るという生活してた昔の俺は確実に病んでた。
  • ネクストン『ONE -輝く季節へ-』:×:この辺は本当に疎いんですよね。発売されたころはエロゲなんて知らない清い少年でしたから。
  • Key『Kanon』:×:同上。友人達がこぞってプレイしているのを醒めた目で見つめていた記憶があります。それがどうしてこんな事に・・・
  • Key『Air』:×:同上2本。稀にこの辺りの「知識の無さ」で他のエロゲオタの皆さんと差を感じることもあります。しかし今更プレイする気も余り起きないしなぁ。
  • LeafTo Heart』:×:同上3本。この辺りの「葉鍵」全盛期から少し後くらいにこっちの世界にはまり込んだ人なので、その辺りの経験がすっぽり抜け落ちて居るのは「歴史」を語ったりする点では問題か。語りませんけど。
  • D.O.『家族計画』:○:声付きの「絆箱」の方。これが山田一(田中ロミオ)との出会いでした。青葉様は未だに俺の心のヒロイン。
  • きゃんでぃそふと『つよきす』:×:ちょうどこの頃はエロゲからかなり遠ざかっていた時期だったので未プレイ。別にツンデレが嫌いなわけではないよ?
  • きゃんでぃそふと『姉、ちゃんとしようよっ!』:×:同上。正直、きゃんでぃそふと作品が2本も入っているのは何かおかしいと思う。どっちか一つでいいだろ。
  • ねこねこソフト『みずいろ』:×:なんか「睡眠薬」とかそういう評判しか聴こえてこないんですけど・・・ 
  • エルフ『臭作』:×:あ、エルフゲーも1本もやったことなかった。これを書くまで気付いてすらいませんでした。
  • エルフ『鬼作』:×:同上。最近エルフって何か新作出してましたっけ?
  • アスキー『カオスエンジェルズ』:×:……ごめんなさい。全く知らないのでコメントできません。
  • NavelSHUFFLE!』:×:アニメ版(それも「空鍋」で有名な19話付近)しか知りません。ゲームもアニメ版のような内容だったら妹を質に入れてでも買いに行くんだけど。
  • propellerあやかしびと』:×:プレイしようプレイしようと思っているうちにはや数年、気が付けばファンディスクが出るまでになってしまいました。
  • TOPCAT『果てしなく青い、この空の下で…。』:×:これも何時かはやって見たい作品ですね。確か既に発売元が倒産(?)しているので普通にパッケージでは手に入らなくなっていた気が。
  • Leaf『痕』:×:同上。このあたりはもう「古典」の域に入りつつありますよね。
  • colors『魔法少女アイ』:×:リアル身内に触手好きがいるので、彼が思い出されてしまってどうも触手ネタは駄目な俺。
  • JAST『天使たちの午後』:×:珍しく覚えの無いタイトルなのでノーコメント。
  • アトリエかぐや『姉汁-白川三姉妹におまかせ-』:×:「妹汁」はプレイ済み。「妹」よりもこちらを選んでいるということは、つまりこのリストを作った人は年上好きということですね。
  • たっちー『永遠となった留守番 -パパは帰らない-』:×:小説ならまだしも、音声+グラフィック付きのエロゲでグロ系の話を積極的にやろうとはあまり思いません。俺にだって・・・苦手なものくらい・・・ある・・・
  • ぱれっと『もしも明日が晴れならば』:×:この手の「普通の萌えゲー」は余程のことが無い限り食指が伸びません。いや、逃した魚の中には名作も混じっているだろうと理解はしているんですが。
  • 戯画『この青空に約束を―』:×:インストールは済ませました。さぁ、あとは起動するだけだ!!
  • ニトロプラス沙耶の唄』:○:沙耶は俺の嫁。プレイ時間の短さからは想像もつかないような濃厚なお話でした。人外キャラ好きには本当にたまらない。
  • ういんどみる『はぴねす!』:×:別に普通の萌えゲーが嫌いなわけじゃないんだ。ただちょっとプレイする意欲が湧かないだけなんだ。
  • Key『リトルバスターズ!』:×:「〜エクスタシー」を買ってみようかとは思っています。わふー。
  • Leafうたわれるもの』:○:思えば俺の獣耳嗜好はここから始まった気が。実は「初めてプレイしたエロゲ」はこれだったりします。
  • スタジオメビウス『SNOW』:×:個人的な話をさせてもらうと俺は物凄くあんまんが好きで冬はコンビニに立ち寄る度に買っているんですが、エロゲオタ+あんまんと言えば他人はきっとこのゲームの影響だと思うのだろうなぁ。俺のほうが先だ!
  • 戯画『BALDR FORCE』:○:「〜EXE」の方をプレイ。方向キーの押しすぎで左手の親指を痛めたのも良い思い出です。
  • たまソフト『LOST CHILD』:×:発表当時は物凄く欲しかったのに、延期を繰り返して3年後くらいに発売されたときにはもう忘れてました。俺どうしちゃったんだろう。
  • Leaf『フルアニ』:×:麻雀できないのにこれを買う勇気は俺には無かったです。
  • otherwise『Sense Off -a sacred story in the wind-』:×:一瞬「Wind」の文字だけが見えて「〜 breath of heart」の方かと思いました。内容については良く知らない。
  • CIRCUS FETISH『すくみず -フェチ☆になるもんっ!-』:×:この大量コメントの流れなら言える!ス ク 水 よ り メ イ ド 服 の 方 が 好 き で す
  • ブラックサイク『EXTRAVAGANZA -蟲愛でる少女-』:×:いや、だからグロ系はちょっと勘弁してください。ほんとに。
  • GROOVERグリーングリーン』:×:「キラ☆キラ」がとても面白かったので、その源流たるこの辺りのGROOVERゲーにも興味が湧きつつも暇は無し。
  • 戯画『パルフェ -ショコラ second brew-』:×:丸戸史明シナリオの評判の高さは常々耳にしているので興味はありますが時間は無し。
  • Active『DISCIPLINE -The record of a Crusade-』:今回3本目の全く判らないゲーム。したがってノーコメントで。
  • D.O.『加奈 -いもうと-』:×:「妹キャラ」ブームなんてモノもありましたね、そういえば。
  • Littlewitch白詰草話 -Episode of the Clovers』:丸:FFD!!FFD!!いまだかってこのゲームを演出で越えた作品には出あった事が無いとすら思います。LittleWitcheはまたFFD路線に回帰しないのだろうか。
  • ねこねこソフト『銀色』:×:ねーちんの罵り部分だけでいいからプレイしたい。
  • エルフ『下級生』:×:これが出た頃って俺たぶん中学生くらいですよ?リアルタイムでプレイしていたら相当な古参ですよね、今となっては。
  • エルフ『同級生』:×:同上。「血の繋がらない妹」の発祥はこのゲームでしたっけ?いや「下級生」の方かな?
  • アリスソフト『妻しぼり』:×:ごめんなさい、俺には人妻属性は無いんだ。
  • silkys『姫騎士アンジェリカ』:×:確かエロシーンの台詞が物凄い変なのでしたっけ?断片的な知識しかないのでなんとも。
  • ivory『とらいあんぐるハート』:×:リリカルなのは好きとしてはせめて「りりかるおもちゃ箱」だけでもプレイしておくべきなんでしょうか。いやもう全く別物の作品になっているから関係は無いか。
  • otherwise『未来にキスを -Kiss the Future-』:×:たしか首輪+幼馴染ってこのゲームでしたよね?哲学的にどうこうという話しだけは聞くので興味はあったりします。
  • ライアーソフト『Forest』:×:「エロゲ論壇(笑)」の人達が良く言及している印象が。中身については良く知りませんのでなんとも。
  • ニトロプラス鬼哭街 -The Cyber Slayer-』:○:エロゲを初めて3本目にプレイしたのがこれって何かが間違ってる。
  • Selen『燐月-リンゲツ-』:×:ごめんね、俺には孕ませ属性はないんだ、ごめんね。
  • エスクード『ふぃぎゅ@メイト』:×:内容についてよく知らないのでノーコメント・・・
  • エウシュリー『幻燐の姫将軍』:×:何回も書いてますけど俺SLG系エロゲあんまりやらないんだ。特に理由は無いけれど。
  • Key『智代アフター -It's a Wonderful Life-』:×:「CLANNAD」プレイしていないのにアフターやってるわけ無いじゃないですか。ぷんぷん!!
  • ZyX『雷の戦士ライディ』:×:これもゲーム自体を良く知らないのでパス。
  • Purple software秋色恋華』:×:OPムービー&OP曲は好きで一時期ループさせてずっと見てました。中身については知らん!!(無意味に力強く)
  • Le Chocolat『SWAN SONG』:×:プレイしたくても手に入らないよ・・・ 畜生、ちくしょぉー!!
  • Leaf『Routes -ルーツ-』:×:「ヴィジュアルノベル」の源流たるこの辺りをプレイしていないのはなんか損な気がしてきました。
  • ザウス永遠のアセリア』:○:散々SLG系エロゲはプレイしないと言いつつアセリアは100時間くらいやってた俺。いや、人外ゲーとしてカウントってことでね、許して・・・は貰えないよなやっぱり。
  • 130cm『彼女たちの流儀』:×:最近のゲームにはとんとうとくなってしまっている自分の身に愕然。これが老化か。
  • たまソフト『世界ノ全テ』:×:こいつも殆ど知らないのでノーコメントで。リメイク版でラストが大幅に改編されて物議を醸していましたね。
  • CIRCUS『最終試験くじら』:×:正直言ってサーカスは「水夏」さえあればいいとおもってる。あと次点でD.C
  • F & C『水月』:○:散々伏線をばらまいておいて回収しないというのは斬新だとプレイ当時衝撃を受けた覚えが。いや、いいゲームなんですけどね。
  • 公爵『ジサツのための101の方法』:×:タイトルだけは知っているけれどそれ以上となると……
  • TerraLunarロケットの夏』:○:「俺は『ロケットの夏』に感謝している… エロゲオタにならなければアニオタになっていただろうから…」 まさに魂のゲーム。これが無かったらこっちの世界には来なかった。 
  • CIRCUS『水夏-SUIKA-』:○:さ や か 先 輩 は 俺 の 嫁 「キャラ萌え」と言う概念を頭でなく心で理解したのはこのゲームが最初でした。
  • アリスソフト大悪司』:×:SLG系エロゲに関する苦しい言い訳を書くだけの簡単なお仕事がやって参りました。つまり食わず嫌いしていないでやれってことですか。
  • Leaf天使のいない12月』:×:結構黒めの話のようで、興味はあるんですが中々手が出ません。なぜだろう。
  • TYPE-MOON歌月十夜』:○:攻略を見ないでプレイしたらクリアまで物凄い周回数をこなす事になった覚えが。あとレンかわいいよレン
  • ねこねこソフト『朱 -Aka-』:×:「みずいろ」同様に睡眠薬という話ばかり聞くんですが。つまり俺の周りの人たちがねこねこに厳しすぎるのか?
  • light『群青の空を越えて』:○:ここで群青を取り上げるリスト作成者のセンスに乾杯!!
  • light『Dear My Friend』:×:SLG系と同じくこの手の一般萌えゲーに対するアンテナの低さも改善していくべき点なのかもしれない。
  • minoriはるのあしおと』:○:リアルに留年してる時にプレイしているので、主人公の駄目っぷりが跳ね返ってきて色々な意味で心が痛かったです。
  • ニトロプラス『”Hello,world.”』:○:毎日数時間プレイして、それでいてクリアまで半年かかったというのがこの作品の長さを象徴しています。面白いけれど長すぎ。
  • HERMIT『ままらぶ』:×:丸戸史明氏の出世作ですよね、確か?
  • Marron秋桜の空に』:×:確かバグが酷すぎてユーザーがシステム組みなおしたんですよね
  • ALcot『Clover Heart's 』:×:双子ゲーだったという記憶しかない。あとロシア。
  • Cyc『夢幻廻廊』:×:だからグロゲーはやめてもうやめて
  • HERMIT『世界でいちばんNGな恋』:×:何時かチェックしようと思いつつ安穏と過ごしていたら、丸戸ゲーがいつの間にか沢山出ていてさあどうしようか。

本 当 に 疲 れ た 。
……俺の疲労に伴い、中盤以降恐ろしいほどの勢いでコメントが劣化していってるのが良くわかります。軽い気持ちで始めたけどこれほど無謀な行為はありませんでした。もう絶対やらない。
そしてプレイ本数がどうとか言う前に、100本以上に対して内容に言及したコメントできると言う時点でエロゲオタですね。やったね俺!!

*1:正確には112本