読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

蒼海の皇女達 - スティアエンド

感想 game

蒼海の皇女たち

蒼海の皇女たち


公式サイト:蒼海の皇女たち


「大きい順メソッド」に沿って初回は先任将校のスティアエンド。
「戦争が終わったら結婚しよう」と主人公が物凄い勢いで死亡フラグ立てだしたときはどうしようかと思った。

1周するまでだいぶ時間が掛かってしまいましたが、基本的に一本道のストーリーで「最後の出撃前の休暇を誰と過ごすか」でエンディングが決まっているようなので次回以降は早いかな。


言葉を尽くして絶賛するほどではないにせよ、それでも今日半日を費やして一気に終わらせてしまうくらいには面白かったです。

潜水艦描写も細かいところまで色々と気を配られていて、少なくとも俺は違和感を感じる事はありませんでした。
逆にそれは、楽しみが食事と非番の時の仲間とのトランプ、浮上時に甲板に上がって星を眺めたり煙草吸ったりくらいしかない本当に地味な話だという事でもあるのですが。

キャラクターもエロゲヒロインとしての描写の範囲内で精一杯きちんと「軍人」していて好印象。
艦長相手にこんな馴れ馴れしくていいの? という疑問は所帯の小さい潜水艦だからという事にしておきましょう。

にしても、「攻略」対象が先任将校航海長掌帆長通信長水雷長水測員と士官・下士官で固まっていて一般の水兵達が豪快にスルーされている(作中で「一般水兵」は立ち絵すらない)のは面白いです。
艦長(主人公)が身近に接する事が出来て、ある程度自分の裁量での行動を許されている立場である(=話が作りやすい)ということでこうなっているのでしょうね。
何故か機関長だけルート無いけど。


あと、最初の出撃から帰ったときは英雄扱いで大勢の歓迎の中で入港していたのが、戦況の悪化に伴い次第に歓迎が減っていき最後は空襲で破壊された港湾設備を背景に誰の歓迎も無く入港とか末期戦属性持ちにはたまらないものがありました。
……普通は逆な気もしますが。



最後に恒例のOPムービー貼り付け。

「蒼海の皇女たち」デモムービー‐ニコニコ動画(SP1)


<関連リンク>

D.B.E三二型での感想・解説記事。
登場する兵器などの解説をしています。
まずジャンルからして「Uボート戦ADV」などと題打っている時点で、作中の主人公達の艦「ウルディアーナ」にもモデルが存在するであろうとは思っていましたがVIIB型だったのですね。