読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

マブラヴ エクストラ編 - 純夏&委員長ルートクリア

マブラヴ

マブラヴ DVD-ROM版 (リニューアルパッケージ仕様)

マブラヴ DVD-ROM版 (リニューアルパッケージ仕様)


先日からゆっくりプレイしていた「マブラヴ」の第一部、エクストラ編を純夏&委員長ルートでクリア。そして、その超高レベルな「普通の学園モノ」振りに驚嘆することしきりな今。
  
俺は完結編たる次作「マブラヴ オルタネイティブ」のエロゲ仮想戦記としての部分に惹かれプレイし始め、そこで登場する前作からの伏線が気になって「マブラヴ」を始めた身なので、「普通の学園モノ」を自称している第一部エクストラ編には失礼ながらそこまでの興味はありませんでした。
「オルタネイティブ」と世界観の繋がる第二部アンリミテッド編からに期待してのプレイ開始であり、エクストラ編は適当に流そうと思っていたくらい。


が、そんな思いは見事に裏切られる事になりました。
序盤コメディ、中盤でフラグの立ったヒロインに話の焦点があたり、終盤は一転してシリアスな展開へ。そして、それぞれのヒロイン達の抱える問題を解決したりいろいろあって仲良くなって良かったね。

それぞれのエピソード、キャラクターには尖った所は少しも無い(例えば「お弁当対決」なんてベタ過ぎて笑うしかなかった)のに、出来上がったものは非常に高いレベルでまとまっているのは気付き辛いけれど地味に賞賛できることではないかと。というか、プレイしているうちに気が付けば委員長かわいいよ委員長という境地に俺がごく自然に達していたのがそれを証明しています。規範意識が強いくせにその実中身は凄くダメな人だなんて最高ですよね。


逆に純夏は大きい順メソッド(エロゲ/ギャルゲプレイ時の「攻略順」の決定法 - 偏読日記@はてな)にしたがって初回プレイで委員長ルートを目指していたら間違ってクリアしてしまったのでそこまでの感銘はなかったりします。いや「あいたー!?」とかあの辺は声優さんの上手さに感嘆したものですけど。
球技大会まで完全に委員長ルート進んでたのに、気が付いたら純夏エンドだったときの衝撃は相当なものがありましたよ。2回目のプレイで委員長ルート進んだときに検証したら選択肢2個間違っただけでルート外れてました。シビアすぎる。


そして、「オルタネイティブ」に登場する前作からの伏線が気になってこの「マブラヴ」を始めたと最初に書きましたが、今度は「マブラヴ」をやっていて更に前作たる「君が望む永遠」との繋がりが見え隠れして今度は「君が〜」も気になってきたり。
こうして俺は段々とageゲーにはまっていくのですね、わかります。


<関連記事>
マブラヴ オルタネイティブ - 甲21号作戦終了 - 偏読日記@はてな
マブラヴ オルタネイティブ - クリア - 偏読日記@はてな
マブラヴ エクストラ編開始 - 偏読日記@はてな