読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

今日の購入物

メイド諸君! (4) (ガムコミックスプラス)

メイド諸君! (4) (ガムコミックスプラス)

継続購入。これで完結です。
新刊.net - a-parkの買い物リスト に出てきたので発売を知りそのままAmazonに注文してました。こういった発刊ペースの遅い月刊誌連載漫画の発売を知るのに新刊.netは実に便利。

以前に書いた1〜3巻の感想はこちら。
メイド諸君!(1)〜(3) - 偏読日記@はてな
理想化されたメイドカフェを舞台に、そこで働くメイド達の群像劇……だと思っていたらいつの間にか常連客とメイドの非モテオタ恋物語になってたときは頭がどうにかなりそうでした。3巻の「なんで処女じゃないんですか!?」のくだりは色々な意味で名シーン過ぎる。


ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)

ハローサマー、グッドバイ (河出文庫)

巡回先の紹介記事(S.K式*:早朝・ハローサマー、グッドバイ)を読んでやたら心惹かれたので購入。

そして本作を買ったお陰で、以前に"blowneyes"というHNを使っているSF読みの人を見かけ「茶色の目」って何だそれ、と思っていた疑問が今頃解けたり、「ロケットの夏」エンディング曲の「Hello,Summer Goodbye」の元ネタはこれかと納得していたりします。
少し前に「天の向こう側」を読んで「遙かなる地球の歌」の元ネタを知ったりなんてこともありましたし、こういった「古典」のSF作品を読んでいると意外にも現代オタ文化と底の所で繋がりを見つける事ができるのが面白いです。もちろん元ネタを「勉強」しようと思って読んでいるわけではありませんけど、内容の他ににこういった発見があるから「古典」のお話に触れるのはやめられませんね。