読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

ニュースサイトなんて人間がわざわざ運営する程のものじゃない、のだろうか? - 羅列型個人ニュースサイト構築実験終了報告

雑記 Web

羅列型ニュースサイトなんて人間がわざわざ運営する程のものじゃない - 偏読日記@はてな

あまりにも刺激的な煽りタイトルをひっさげ、スクリプトによる自動生成羅列型ニュースサイト「ニュースサイト(偽)」を公開したのは2006年11月21日のこと。
サイト自体の更新開始は9月26日*1なので、およそ2年半に渡って自動で運営されてきた「ニューサイト(偽)」の更新を、このたび停止することにしました。


といっても、特に大それた理由があるわけではありません。
一番の原因は自動更新スクリプト実行時にXML::RSS周りでエラーが発生し、各記事に付いたはてなブックマークコメントが取得できなくなっているため。
このエラーを修正して再稼働させるモチベーションが全く湧かないことと、ログのサイズがあまりにも大きすぎてサーバーの容量を圧迫している(2006年9月〜2009年3月でおよそ50MB)ことから、更新停止を決意しました。


これを良い機会に、2年半運営してみての記録を公開してみます。

  • 運営期間:893日(2006/9/26〜2009/3/7)
  • トップページの平均アクセス数:21.5
  • 一日辺りの最大アクセス数:266(2007/11/24に記録)
  • はてなアンテナ登録数:17(2009/03/16時点)
  • アクセス数の推移(クリックで拡大)

  • サイト全体の検索キーワードTOP10(クリックで拡大)


20アクセス/日以下の羅列型ニュースサイトの運営に人間はいらない - 「ニュースサイト構築実験」結果報告 - 偏読日記@はてな
運営開始1周年である2007年11月に書いたこの記事を、図らずもさらに裏付ける結果となりました。
およそ20アクセス/日が完全自動生成で達成できる限界なのではないかと考えられます。


そして、こうやって更新停止のお知らせと運営結果の報告を書きながらつくづく思うのは、この2年半で羅列型個人ニュースサイト界隈のいったい何が変わったのかということ。

(前略)
しかし気になったのは、果たして全てのニュースサイトが「特色」と言えるほどのものを持っているのかということ。

RSS・SBMの欠点

RSSやSBMにも落とし穴がある。
確かに最新のニュースや人気記事を拾うことができるが、それは裏を返せば
人気の記事しか集まらないということだ。

つまり、RSSやSBMを活用しすぎると、どこも同じようなニュースをただ表示させるだけ。

これでは何の面白みも無い。

Blogger Alliance | 404 Not Found

リンク先記事ではこの後に「だから人間が運営するサイトにも良い点があり〜」と続きますが、そんな事言ったって世の中のニュースサイトの大半は「最新のニュースや人気記事」を拾ってるだけですよね。


これは今までにこのblogが様々なサイトに晒された際、どんなコメントがつけられているのかと見て回った経験から断言できます。本当に皆同じようなこと書いてるんですよ。


それならば、SBMにおける人気記事のRSSを利用すればそこらの羅列型ニュースサイトっぽいものを自動生成出来るのではないかと言う発想から生まれたのがこのblogのヘッダでリンク貼っている「ニュースサイト(偽)」

羅列型ニュースサイトなんて人間がわざわざ運営する程のものじゃない - 偏読日記@はてな

「ニュースサイト(偽)」を公開する際 | ^^ |Byozine:秒刊ネットマガジン:: 個人ニュースサイトを破滅に追い込むWeb2.0について。 について書いた内容が、今でも立派に通用する気がしてならないのです。いわゆる「大手個人ニュースサイト」の陣容も、この2年半でほとんど変化したようには思えません。

少し前にはてな匿名ダイアリーで話題をさらっていた「個人ニュースサイトは既に終わったジャンル」なんて、あまりの既視感にめまいがしそうでした。まるで成長していない……

*1:残っている最古の過去ログの日付