読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

暇なので稚内に行ってみたら連休が終わってた (その1)

雑記 日常

連休なのでちょっと今から稚内行ってくるわ

http://twitter.com/a_park/status/4137333698


連休はずっとドリームクラブに通い詰めようかと思ってましたが、それではあまりにも不健康なのでちょっと稚内まで行ってきました。

1日目 自宅〜名寄市


家を出て高速道路に乗り、最初の休憩をこなした岩見沢SAにて。
遠目に見ると本物の馬のようで驚きました。


途中のPAから望む大雪山。確か音江PAの筈ですが記憶が定かではありません。




1日目は高速道路で士別まで北上し、さらにR40で名寄まで北上して宿泊。夜の名寄の町には人が全く居ませんでした。
名寄到着は19時頃でまだ走ろうと思えば走れたものの、名寄より北に進むと稚内までの間にまともなホテルのある街が無いのでここまでで終了。



夕食を取りに訪れた居酒屋で頼んだ名寄の地酒。地元産の餅米から造った日本酒だそうです。


2日目 名寄市〜稚内



名寄からしばらく北上した音威子府の道の駅にて。ここで浜頓別を経由して太平洋側から宗谷岬に向かうルートと、内陸から稚内に向かうルートに別れます。
今回は内陸ルートを使うことにしました。



音威子府村メインストリート。名寄市街地より北は、原野と森の中にこの程度の集落が点在するだけであとはなにもありません。



音威子府を出てすぐの所にあった道標。道北の道標を見ていると距離感が狂ってきます……



およそ3時間ほど掛けて稚内に到着。



市街を通り抜けて一番北まで行ってみたら立派な防波堤がありました。「北防波堤ドーム」と言うらしいです。



堤防の上にのぼって宗谷岬方面を望む。宗谷岬の台地と、その上に立つ風力発電用風車がおぼろげに見えます。



反対側、野寒布岬方面を望む。



ドームの中はこんな風になっていました。



稚内駅線路終端。



土産物屋で発見。なんというか、その、この名前は……



土産物屋併設の海鮮丼屋で遅めの昼食。



港で見かけた良い感じに錆び付いた漁船達。



ここで昼食を食べました。


この時点で15時過ぎで、帰りの事を考えるとこれ以上滞在できないため稚内市街地観光を断念して宗谷岬に向かうことにしました。
稚内市街には2時間程度しか居なかったことになります。もし次に訪れることがあれば、もっとゆっくり見て回りたいです。



(その2)につづく