読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

最近の購入物 & 読んでる本

雑記

小説のストラテジー
小説のストラテジー


いちごの学校 (ヤングキングコミックス)
いちごの学校 (ヤングキングコミックス)

「いちごの学校」は読んだ事だけあって持っていなかったのでついでに購入。
再読してきづきあきらは「視線の演技/視線による間の取り方」が上手いとなあとつくづく感心してました。



戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)
戦争における「人殺し」の心理学 (ちくま学芸文庫)

最近はヤンデレオンリー向けの原稿を書きながらこいつを少しずつ読み進めているところ。

「出撃! 魔女飛行隊」「とある飛空士への恋歌」と2本続けて広義の「少女が戦闘機に乗って侵略者と戦う話」を読んだあと、本書の距離による殺人への心理的抵抗の低下(戦闘機同士の戦いは「顔が見えない」ので抵抗が少ない)についての件などを読むとなんとも言えない気分になってきます。


そして、「とある飛空士への恋歌」の登場人物達に人殺しをさせる事への弁解の無さと、違和感なく「登場人物の人殺し」を読者に受け入れさせる巧みすぎる構成上のテクニックに後から気付いて戦慄している所でもあったり。
本当に安定して巧いとしか言いようがないですよ、あの作品は。

関連記事

恋と空戦の物語、ふたたび - 「とある飛空士への恋歌」(1)〜(3) - 偏読日記@はてな
とある飛空士への恋歌」の感想記事。なんだかんだ言って非常に良くできたボーイミーツガール×空戦ものだと思います。