読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

「ヤンデレ」から見る萌え属性一般化の果てにある実話スレ

俺の好きだった子がヤンデレ化するまで ニコニコVIP2ch


Twitter検索「ヤンデレ」のRSS,はてなダイアリーキーワード/はてなブックマークキーワード「ヤンデレ」を日々監視しているお陰で引っかかったこいつを流し読み。「ヤンデレ」という単語と、それがあらわす人物類型・行動様式がさしたる疑問もなく皆に受け入れられているのになんとも時代を感じますね。2006年くらいは「なにそれ?」という反応ばかりだったのに……
10代半ばから後半の娘がカジュアルに「私ってヤンデレなんだ……」とTwitterやBlogで呟いているのもよく俺の監視に引っかかりますし。「ヤンデレっぽく振る舞っていたら本当にヤンデレになってしまった」なんてことを書いている女子高生のBlogを見つけて勝手に先行きを心配したりする毎日です。


こうやって若い娘が自称し、実話系スレで扱われるネタになるというのは男性向けの「萌え属性」の一般化の行き着くところの一つなんでしょう。「ツンデレ」なんかは既にそのサイクルを終え、「自称ツンデレ」が創作側に逆輸入されたりしてますからね。もうなにがなにやら。


ちなみにこの手のヤンデレ系実話スレで俺が記録している最古のものは2008年2月の「ヤンデレと付き合ってたことがあるんだが」スレ


前述の「俺の好きだった子がヤンデレ化するまで」と同じく、主人公(=語り手)がいかに上手く立ち回ってヤンデレちゃんの束縛から逃れたかというのが主題になっているのが面白いところです。そして、主人公が実行する策の内容があまりに出来すぎていて創作なのではないかと疑いをもたれているところも同じ。
俺個人としては共依存エンド、二人で幸せに暮らしましためでたしめでたし(ただしめでたいのは本人たちだけ)が大好きなんですが、それはきっと一応とも「実話」であることを前提にしているこの手のスレにはそぐわないのだろうなあ。