読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

2010年いろいろ振り返り


今年も残すところあと少し。各種の作品感想系ブログで「今年のベスト」なんてのが次々と発表される時期となりましたね。というわけで、俺も時流に乗って各種のベスト作品と、今年のネット上での活動の振り返りを書いてみるとします。
なお、以下のうち作品感想については俺が2010年に触れた作品と言う基準で選んでおり、発売の時期については制限していません。そうしないと何も挙げられなくなるのでね……

耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳 (ファミ通文庫)
耳刈ネルリ御入学万歳万歳万々歳 (ファミ通文庫)


感想記事→彼女は異国の王女さま -  「耳刈ネルリ」シリーズ読了 - 偏読日記@はてな


これは本当に良かった。言いたいことは読了時の感想記事でおおよそ言い尽くしているのであえて言葉を重ねることはしませんが、表面的には怪作のようにみえてその実は素晴らしく直球に「高校生活」を描いたなかなか類を見ないお話でした。このシリーズに完璧にノックアウトされてしまったので、石川博通が次にどんな作品を出そうが俺は買うよ。


映像作品

YouTube - ゼーガペイン OP


<感想記事>
忘れるな、我が痛み - 「ゼーガペイン」1〜17話 - 偏読日記@はてな
消されるな、この想い - 「ゼーガペイン」18〜26話 - 偏読日記@はてな


レンタルで一気に見たらあまりに面白くて大枚はたいてブルーレイBOXを買ってしまいました。だいぶ前の作品なのでこれを2010年振り返りで取り上げるのはちょっとどうかとも思うものの、それでも書かずにはいられない。

魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st<初回限定版> [Blu-ray]
魔法少女リリカルなのは The MOVIE  1st<初回限定版> [Blu-ray]
1日で劇場版Fateと劇場版リリカルなのはを観たら疲れた - 偏読日記@はてな


順当な映画化だからこそ喜べる、そんなことを実感しましたね。Fate劇場版と連続で見なかったらこんな妙な感慨はなかったかも。


ゲーム

  • 該当作無し

あまりにもプレイ本数が少なく、今年のベストを選ぶほどではないのでゲームは該当作無し。
一番熱を上げてプレイしていたのは間違いなく「Sugar+Spice!」でしたけど、全5人のヒロイン中の3キャラ攻略したところで残り2人があまり可愛く思えず中断したままになっています。
「Sugar+Spice!」が楽しすぎて脳が融ける - 偏読日記@はてな
「Sugar+Spice!」が素晴らしすぎて夜が明ける - 偏読日記@はてな



以上、感想記事を書いた中から2010年のベストをピックアップしてみました。
他にも書いているのでそちらは[http://d.hatena.ne.jp/a-park/archive?word=%2A%5B%B4%B6%C1%DB%5D:title=[感想]記事一覧 - 偏読日記@はてな] をどうぞ。



そして次は今年のa-parkとしての活動の振り返りです。

ブログ記事

今年書いた記事の中で一本選べと言われれば、一記事に対する被はてなブックマーク数の最高記録を更新したこいつを挙げるしか無いでしょう。

たしか初夏ころにこの発想にたどり着き、およそ一週間かけて大量のラノベ表紙画像・AVパッケージ画像を収集して記事に仕上げたのがこれ。我ながら無駄な努力にもほどがある。
ちなみにこの記事を書く過程である種のラノベ表紙がAVのパッケージにしか見えなくなる認識のゆがみを本格的に患い、いまでもそれは直っていませんが別に困らないのでこのままでいいです。


同人

本家サイトともはてなダイアリー(ここ)とも違う、同人活動専用のサイトをきちんと開設できたのは大きな前進でした。

しかしサイトがあっても公開するコンテンツがなければ意味がないわけで、そう言う意味では今年は後半の活動がちょっと低調になってしまったのは反省しているところ。



では、これにて2010年振り返りはおしまい。
来年も、沢山、良い作品に出会えて、積極的にいろいろかつどうしていけますように。