読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

「魔法少女システム」の裏側を描く物語 - 魔法少女おりこ☆マギカ(1)

魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
魔法少女おりこ☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

孤高の戦いにあけくれる佐倉杏子、正義を胸に見滝原市を守る巴マミ、静かに鹿目まどかに寄り添う暁美ほむら。交わることのないはずのそれぞれの魔法少女としての戦いが、『魔法少女狩り』という事件を中心に一本の物語を紡ぎ出す。それは、彼女たちの運命を変えてしまうような事件――。それは、新たなる魔法少女物語の始まり――。
(Amazonより引用)


杏子ファン&マミさんファンなら必読!!
アニメ本編では登場しなかった新しい魔法少女たちを加え、あの世界の「魔法少女」というシステムの枠の中で物語を深めていく印象。全く新しい展開を追加するのではなく、本編で抜けていた部分を補強して裏から支えるようなタイプの外伝です。つまりそれは俺が一番好きなタイプの2次創作だ!!
ルーキーのさやか・システムを超越した存在であるまどかの2人にあまり光が当たらず、魔法少女システムに乗って長期間戦い続けたベテランである杏子・マミが主人公のような形になっているのもそういったお話の性格からですね。2人のファンとしては俺得すぎてたまらない。

あとは特になんの説明もなくマミと杏子が会話していてびっくりしましたよ!! アニメでの2人の言動を見ているとてっきり過去に敵対していたとばかり思っていたけれど、この「周回」はそうでなかったと言うことですか。あの2人が最初に出会った時どうなるかはそれはそれは妄想が膨らむのだけどなあ(それこそ同人誌を自分で出してしまったくらいに
ほむらが眼鏡をかけてないから「3周目」以降であることは確実なものの、あのあたりは設定上いくらでも話を膨らませられるのですよね。うまいこと差し込んできたものだと思います。
1巻では織莉子の契約の願いや「魔法少女狩り」等のフックをばらまいて終了というところ。ここからどうやって収束させて本編に繋げるのかが見物ですね。

それにしても、「魔法少女狩り」の被害者も含めると1巻だけで8人も魔法少女が登場するのだからいったい見滝原には何人いるのやら。人口あたりの魔法少女存在比で言ったら異常に高いんじゃないのか、あの街。