読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

最近の購入物


スワロウテイル/幼形成熟の終わり (ハヤカワ文庫 JA ト 7-2)
スワロウテイル/幼形成熟の終わり (ハヤカワ文庫 JA ト 7-2)

スワロウテイル人工少女販売処」が面白かったので前日譚たる本作も続けて購入。
「〜人工少女販売処」の序盤〜中盤に書けての雰囲気が好きなので、前日譚ならあれを維持したまま話が進んでくれるかと期待しています。いや、中盤以降が嫌いなわけではないものの、恐ろしい勢いで話が大きくなって最後は宇宙的な話になったのにあっけにとられた面もありまして。俺はもっと人類と「人間のようで人間で無いもの」が共存する社会のお話を読みたかったんだよ!!

参考記事:どうか愛して、わたしたちを── - 「スワロウテイル人工少女販売処」 - 偏読日記@はてな


Vimテクニックバイブル 〜作業効率をカイゼンする150の技
Vimテクニックバイブル 〜作業効率をカイゼンする150の技

2007年頃にWebか雑誌のどこかで読んだVimまたはEmacsを使わない人間は人生を損している!」という記事に感化されてgvimで日常の文章を全て書くようになってから4年。まだまだ判らないところがたくさんあるので購入してみました。
確かあの記事はプログラマーを対象にしていて俺のように日本語の文章を書くのは想定外の用途だった気もしますが、慣れてみればこれほど便利なものは無いですよ。思いついたフレーズを一度全部書き出してから、結合・削除・順序入れ替えを行って一本の文章にまとめるという俺の日本語の書き方にも非常に合致しています。なんたって「宇古木亭」名義で出している同人小説やここ4年くらいのこのBlogは全てgvimで書いているくらい。


サンディスク エクストリーム・プロ SDHCカード 32GB UHS-I (読み書き45MB/s) San Extreme Pro【★】
サンディスク エクストリーム・プロ SDHCカード 32GB UHS-I (読み書き45MB/s) San Extreme Pro【★】

EOS 60Dを購入したときにセットで付いてきた8GBのカードでは容量に不足を感じつつあったので思い切って最大容量の32GBを購入。SDHC UHS-1にしたので前のカードより容量と共に速度も向上しました。 
これをUHS-1での転送に対応したメモリーカードリーダーで読み込むとRAW画像100枚(計1.9GB)を30秒強で読み込めて驚きです。



生まれて初めてUSBメモリを手にしたあの秋から9年。ほとんど変わらない値段で買える記憶容量がおよそ250倍になるとは……