読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

"学園ハーレムエロゲ"の洗練の極み - 「カミカゼ☆エクスプローラー!」

感想 game

カミカゼ☆エクスプローラー! OFFICAL WEBSITE

今より少し未来、気候や地表の変化が起き、人の生活圏が少し狭くなってきた時代のお話。
緩やかに変わる世界に呼応するように、若い世代の間で「メティス」と呼ばれる特殊な力を持った者が現れるようになる。
不思議な風が吹くという逸話が残る「上ヶ瀬市(かみがせし)」では、「祐天寺グループ」を中心とした複数の企業による出資のもと、
一部浸水した区画を埋め立てて「澄之江学園(すみのえがくえん)」が創設され、特殊な力を持つ者の育成・教育が行われていた。

主人公、速瀬慶司(はやせけいじ)は、そんな能力とは無縁の生活を送っていたが、ある日、学園のエージェントと名乗る人物からなぜかスカウトされ、澄之江学園に入学する事に。
そして、ふとしたきっかけで、澄之江学園とその周辺の問題調査(という名の困り事解決)をする「学園都市調査研究会(通称:アルゴノート)」に参加するようになる。
これまで体験した事のない出来事にとまどいながらも、胸を躍らせる毎日。
そんな中、澄之江学園そして再開発された上ヶ瀬市には妙な噂があると耳にするのだった――。

カミカゼ☆エクスプローラー!: STORY

昨年末から少しずつ進めていたカミカゼ☆エクスプローラー!をようやく全ルート読了。
まさに洗練の極み……すごいよ、これ。
特に何も考えず 風花→宇佐見先輩→琴羽→まなみ→美汐 という順でクリアしたのは、結果として設定開示の順序やラストの大団円ぶりの意味でかなり良かったです。あからさまにメインヒロインの美汐ルートを最後に回しておいてよかった。

「超能力者を集めた学園を舞台にしたエロゲー(主人公・ヒロイン共に能力者)」という設定から萌えオタの皆さんが想像するものの枠から一歩も外に出ない。……けれど、その枠の中でちょっと類をみないレベルでありとあらゆるところが巧妙に出来ている。冬コミで本作についてプレイ済みの人と話した際に出てきた「減点法で採点したら100点になるゲーム」という表現はまさに言い得て妙でした。
絵は可愛らしく、文章はストレスを感じさせない平易で読みやすいもので、主人公は格好良く、お話はいちゃラブとシリアスとの配分が絶妙で、もちろんHシーンは濃厚に。ヒロイン5人中3人は昔から主人公のことを好きで残り2人のうち1人も主人公と出会った瞬間に一目惚れしているというお手軽さも、なにやらそれをすごく自然なこととして描いてくれるので違和感など全くなし。

なにか深いものがあるようにほのめかしながらも、それ以上の深い部分には一切触れないという世界設定の扱い方も上手いです。
海にほんの少し潜るだけで沈んだ街並みが海底にあり、ヒロインと二人でデートする海岸の背景には海から付きだした廃墟のビルが映り、ヒロインと二人きりになりたいと出かける街外れは過去の津波と海面上昇によるゴーストタウン。主人公たち若い世代にメティスと呼ばれる超能力が発現した理由だって、世界的な海面上昇により生活圏が狭まり追い込まれた人類が進化を模索する過程で生み出したというもの。そしてメティスを使えない旧人類と使える新人類の対立という火種も世界の裏にはくすぶっていたり。
こういうちょっとした近未来SFのような設定を出してきながらも、お話のメインには決して持ってこないあたりのバランス感覚。だってそうですよ、主人公やヒロインたちにとってはこれらは日常の風景であって何も特別なことではなく、大事なのは目の前にいる恋人との甘い生活なのだから。

ちなみに同じ「超能力者を集めた学園を舞台にしたエロゲー(主人公・ヒロイン共に能力者)」という設定からプレイ当初に想起したのは「そらをみあげて想うこと」でした。しかしこちらは俺の考えたすごいSF設定を観てくれ感がどうにも強く、エロゲーとして洗練の極みにある「カミカゼ☆エクスプローラー!」とは比較になりませんね。

そんな本作で俺が唯一つらかったところと言えば、出てくる娘たちが軒並み度外れた巨乳すぎて食傷したくらい。俺、たぶん数年分の2次元巨乳をこのゲームで摂取した気がするよ…… もうお腹いっぱいだよ……
攻略対象ヒロイン5人中で胸が控えめなのは宇佐見先輩だけで、その彼女も以下のように『小さい』とはあまり言えない見た目です。


このくらいのサイズで作中世界ではものすごい貧乳扱いされ、本人もかなりコンプレックスを持っているというのが恐ろしい。なんなんだこの世界は。

関連リンク

「無難さとは王道の別称であり、王道とは普遍的に支持されるフレームワークなのであり、それは磨き上げれば一流の武器になる。
無難さとマンネリズムを指摘される、箸にも棒にもかからない「萌えテンプレゲー」なるものは数あるが、近年最強の無難さとして、本作のあり方は評価されてしかるべきだろう。」
リンク先記事のこの評価はまさに本作をよくとらえていると思います。

過去に本家サイトにアップした「そらをみあげて想うこと」レビュー。


カミカゼ☆エクスプローラー! 通常版
カミカゼ☆エクスプローラー! 通常版