読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

好きなラノベの表紙とか

好きなラノベの表紙とか - ディドルディドル、猫とバイオリン

巡回先のこの記事に触発され、俺も自分の本棚から選び出して「好きな表紙」を紹介してみます。
背表紙だけが見える本棚を見回し、どんな表紙だったか思い出せるかどうかで一次選考、思い出せた中からさらに良いと思えたものを選んでみました。


All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
All You Need Is Kill (集英社スーパーダッシュ文庫)
Amazonに大きい書影が無かった…… この無彩色かつ男1人というむさ苦しさが逆に素晴らしい。
感想:戯言帳2005/1/10


藍坂素敵な症候群〈3〉 (電撃文庫)
藍坂素敵な症候群〈3〉 (電撃文庫)
一見すると単純な単独女の子表紙と思いきや、制服+白衣+メスだったり靴がスニーカーだったりという微妙な違和感が良いんですよ。そしてそれが本作がどんな物語なのか、素敵(表紙の彼女)がどんな娘なのかを表しきっています。
感想:"素敵"な彼女と、いつまでも── - 「藍坂素敵な症候群」(3) - 偏読日記@はてな


花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)
花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫)
デザインはとても好きです。デザインはね。
感想:花咲けるエリアルフォース (ガガガ文庫) a-parkさんの感想 - 読書メーター


時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)
時砂の王 (ハヤカワ文庫JA)
ハヤカワ文庫はラノベかどうかなんてそんなことは良いんだよ。
縄文風装束の女と異形の男(?) 見上げる空には編隊を組むJu-87 一見するとわけのわからない状況も読んだ後には納得できるんですね、これが。
感想:時砂の王 - 偏読日記@はてな



キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)
キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫)
ここ最近の中では強烈に印象に残ったのがこいつ。この表紙も読んだ後にだいぶ印象が変わるものでした。
感想:キミとは致命的なズレがある (ガガガ文庫) a-parkさんの感想 - 読書メーター


関連記事(?)

「白背景+女の子」のライトノベル表紙ってAVのパッケージとそっくりだよね - 偏読日記@はてな
いままで意識したことが無かったけれど、俺の家の本棚、この手の女の子単独表紙ばっかりでした……