読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

毎日Blog更新してるような人の「Blog論」はもうお腹いっぱい

雑記 web

いわゆる「Blog論」、BlogとはかくあるべきやらBlogを更新する意味やらブログを書く楽しみBlogを運営するメリットやらに付いての記事、俺も昔はよく読んだり自分でも書いたりしたものでした。
が、ここ1年くらいはそういうのはお腹いっぱいだと感じてきてほとんど見なくなっていたり。なぜかと言えば、どれもこれも同じところに行き着いてしまうように感じるようになったから。

そもそも仕事でもないのに熱心にBlogを更新しているような人(俺を含む)というのは書くことが生活に組み込まれているというか、定期的に自分の言いたいことを不特定多数に向かって吐き出していないと気が済まないタイプの人間なわけで。これは決して万人が持っている性質だとは言えません。そして「Blog論」を書くのもそういう人々ばかりなので、悪く言うと最終的に言葉を尽くして自分のやっていることの正当化にしか繋がっていかないのですよね。

なのでBlogを毎日更新しているような人とは違う層の「Blog論」を読んでみたいと思っているものの、そもそもBlogに興味を持っていないと「Blog論」なんか書かない訳で。なんとも難しいね。

あと、見ていてすごく悲しくなるのがこの手の「Blog論」のぶち上げる理想を額面通りに受け取ってしまって、明らかに日常的に不特定多数に向かって文章を吐き出すのに向いてなさそうな人が苦労しながら更新しているBlogを見つけてしまったとき。その手のBlogで「記事のネタが見つからなくて困ってる」「更新してもアクセスが増えない」等々の苦心している様子がありありと見える記事を見てしまうと、Blogなんて放っておいても熱心に更新するような奴に任せて貴方はもっと他の楽しいことをしていたほうが良いのではと思ってしまいますよ。