読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

「史実→キャラ」でなく「キャラ+史実で味付け」へ - 「艦隊これくしょん」における軍艦擬人化について

艦隊これくしょん~艦これ~ DMM.com×角川ゲームスが贈る新鋭の大型戦略コンテンツ - オンラインゲーム - DMM.com

飛ぶ鳥を落とす勢いで流行中の「艦隊これくしょん」 俺も6月半ばに登録してからずっと楽しくやってます。
f:id:a-park:20130718011339j:plain
いまの一軍メンバー。戦艦+航空戦艦×3+正規空母+軽空母という航空特化シフトでボーキサイトの消費がやばい。



ゲームシステム、「萌え+軍事」という組み合わせ、なぜここまで一瞬で流行したのか、攻略情報などについては俺以外がいくらでも語ってくれているのでそれらとは別の観点、本作における「艦船擬人化」について気になるところがあったので書いてみます。






兵器全般の萌え擬人化は昔から行われており、もちろん艦隊これくしょんの専売特許ではありません。
2ch発祥のFrontPage - 制服兵器兵站局、商業媒体ではMC☆あくしず。他にも例を挙げればいくらでも存在していました。


が、どうもこの艦隊これくしょんにおける艦船擬人化は、従来の擬人化とは一線を画しているように思えるのです。

たとえば雷電姉妹(「雷電姉妹」のイラスト・作品検索一覧(pixiv)
駆逐艦雷と電がスラバヤ沖海戦で敵兵を救助したという史実を基に擬人化したら、救急箱を持っているなど「史実」を連想させる要素がデザインに入ってくるのが一般的な兵器擬人化でした。しかし艦これは見ての通りああいう可愛い女子中学生で、史実についてはゲーム中の台詞のほうで触れています。


たとえば天龍。序盤にプレイヤーの皆が接する彼女は、印象的なキャラクターも相まって妹の龍田と揃って人気があります。

フフ、怖いか? by 菊のすけまる@貴サークルは落選 on pixiv


しかしこの性格や口調、史実の軽巡洋艦 天龍の要素がどこにあるのかと問われるとちょっと首をひねってしまいます。水雷戦隊旗艦として生み出された型だから勝ち気、とかそのくらいでしょうか。
華々しい活躍も痛ましい悲劇も無い、太平洋戦争開戦時にはいくぶん旧式化していた軽巡洋艦にすぎない彼女にこれだけ強烈なキャラクターを付けるというのは史実ベースのみではなかなか難しいです。
というか天龍が擬人化されたのって艦隊これくしょんが史上初なのでは……? 少なくとも制服兵器兵站局の過去ログ、手持ちのMCあくしずのバックナンバー、ざっとウェブ検索してみたかぎりでは見つかりませんでした。


次に来るソシャゲはこれ!艦隊これくしょん -艦これ-が面白いと話題に - NAVER まとめ

上記の記事に書かれているようにこの子可愛い→史実調べてみようとなるのは、史実を反映してキャラが造形されているからではけしてなく、その艦娘自体が魅力的だから。キャラクターに愛着が湧いたからより背景を知りたくなるのであって、史実での出来事がキャラクター造形に組み込まれているからでは無いと思います。

プレイヤーは、擬人化兵器たちがいかに史実を反映しているかの答え合わせをしたいわけではないので。

従来の兵器擬人化が「史実→キャラ」なら、艦隊これくしょんは「キャラ+史実で味付け」 そこに存在するのはとても僅かな差なのだけれど、たぶんこれが元ネタの大日本帝国海軍艦艇軍事に一切興味が無い層にまで幅広く魅力を感じさせている源泉なのだと俺は考えています。


そしてなぜ艦隊これくしょんがこうなったか。そこには新しい擬人化を打ち立てようという意志があった……わけではなく(有ったとしても薄く)ゲームシステム上同時に100隻近くを擬人化する必要性からこうなったのが結果として上手くはまったのではと考えています。
1回の擬人化で1~3隻程度の擬人化が主であった従来の萌え擬人化(イラスト等)と大きく異なるのはここですね。
お陰で駆逐艦、軽巡洋艦などは特に目立ったエピソードの無いようなものまで擬人化が行われています。


プレイ開始当初、特型駆逐艦が9人も擬人化されていたり、
f:id:a-park:20130717010606j:plain


睦月型駆逐艦が8隻も擬人化されていたりで驚いたものでしたよ。
f:id:a-park:20130717010607j:plain

吹雪型」「睦月型」として擬人化するか、ネームシップもしくは有名なエピソードのある艦のみ擬人化しようと思うのが普通だと思います。序盤に大量に手に入るコモンキャラを全部駆逐艦にするというのがまず勇気あります。よくやったもんだ。



とまあ、長々と語ってしまいましたがこれもゲーム自体が面白く、擬人化された艦娘たちが可愛く、こうして語りたいと思わせるだけのものがあるから。
記事を書いている間に資源も溜まったので、沖ノ島海域(通称2-4 序盤最難関)の攻略に移りますよ。もう2週間くらい挑み続けているのでそろそろクリアしたい。







記事の修正について追記

コメントにて指摘がありましたので追記します。

本記事の最初のバージョンでは冒頭部分に以下のTweetを載せていました。

この部分について、艦これ番外編 「史実へのリスペクト?」 : Blinking Shadowにてリンク先のさわK氏より指摘を受け、これらのTweetがさわK氏の記事の趣旨を汲んでいないこと、これらのTweetの引用が無くても本記事の趣旨は成り立つことから、該当部分を削除しております。