読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

インドに長期出張してきたので本場のインド飯画像を貼りまくる

f:id:a-park:20151001193827j:plain



諸事情で9月末から10月の頭にかけて10日間ほど北インドの地方都市へ出張に行っていました。
当然ながら滞在中はずっと現地の食事、すなわち本場のインド日常料理を食べていまして、それをTwitterに逐一アップロードしていました。
思い出を記録に残し、同時にインドの日常食を紹介すると言うことでBlog記事にまとめてみます。










































忙しくて泊まっていたホテルから仕事以外で外に出なかったので、メインはホテルのレストランでの朝夕のビュッフェ形式での食事の記録です。
「○○色の何か」という表現が多いのは料理についているラベルが読めなくて名前がわからなかったからです。たとえアルファベット表記されていてもヒンディー語の料理名はわからない……

大まかに傾向を記せば

  • いわゆる「カレー」以外の料理もいろいろたくさん
  • 日本人の想像する「カレー味」のものは皆無 あれは日本料理なんですね
  • とりあえず何でもスパイシーで辛い
    • ずっと食べていると甘い辛さ・酸味のある辛さ・香ばしい辛さ・刺激的な辛さなど「辛さ」に色々な種類があるのが判ってくる
  • 西洋菓子・インド菓子ともにデザートが豊富 
    • こちらはどれも非常に甘い

こんな所でしょうか。


また、特筆すべきところと言えばベジタリアンがとても多いため、どんな料理にもベジ(緑色の丸) or ノンベジ(赤色の丸)がマークで表示されています。
が、ベジタリアン向けと言っても肉を使わないだけで油脂や乳製品はたっぷり使うのでノンベジの料理とあまり違いがわかりませんでした……
ちなみに上記の写真のだいたいはベジタリアン向けの料理です。


味の方向性としては日本にあるインド料理店で食べられるものと一緒なので、その辺りに新鮮さはありませんでした。
あえて言えば、朝食として出てくる蒸しパン系の比較的軽いメニューが馴染みのないものばかりというのはありましたね。



インドと一口に言ってもとても広いため料理にバリエーションがあり、俺の体験したこれらはあくまで北インドの一例にしかなりませんが、もし今後インドに行くことがある方の参考になれば幸いです。