読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

ネット上の一人称からの「キャラ立て」

「私」

特徴の無い普通の人。
「落ち着いた感じ」を出したいのならこれでしょう。
が、中高生なんかが使っているとあふれ出る若さ(=痛さ)をあえて抑え付けようとしている感が。あえてそれを狙うというのもありですが。

「俺」

上とは違う意味でありがち。一人称「俺」で適度に砕けた文体で書けばそこには巷に氾濫する若者blogが!!
あえて「俺」を使いながらも慇懃無礼な文体で書いてみたりすると面白いかもしれません。

「おれ」

味のある文章を演出しようとしている感じ。結果として成功しているかどうかは本人次第。
俺の中で「おれ」で書く人と言ったら自転車創業の中の人とid:matakimika氏が二大巨頭なので、そのイメージがだいぶ強いです。というか他に見たことが無い気が。

「僕」

「私」ほど落ち着かず、「俺」ほどくだけず。中間の辺りを狙うならこれかな。
自分語り主体の文章書くのに合っている気がします。

その他

「我」とかそんなのですね。
その一人称を使うだけでキャラが立つという点では美味しいとはいえ、文章力が高くないと一人称の印象だけが残って本文がどうでも良くなる諸刃の剣。素人にはお薦めできない。

HNがそのまま一人称

多分最高にキャラが立つのはこれなんですが、上の「その他」以上に本文をかすませてしまう可能性のあるのもこれ。
素人にはマジお薦めできない。



唐突に思いついたので書いてみる。
開設当時に「俺」で書き始めたので4年以上経ったいまでもそのまま使い続けていますけど、どうも最近これでいいのかという疑問が少々。
19のガキ(開設当時)が「俺」言ってるのは普通にありでしょうが、23にもなって社会人になろうというのに「俺」はどうかと思うんですよ。
コメント欄でのやり取りは既に「私」でやってるし、いっそ来年度からは一人称変えようかな。


あと、「私」「あたし」「アタシ」「HN一人称」等々の上の一覧の女性版も考えたんですが、普段女性の方の書いているblogをほとんど読んでいないので傾向がつかめないためそちらは無し。
というか、女性の方の場合何か俺にはちょっと想像のつかないような恐ろしい一人称を使っていそうです。(←偏見)