読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

早狩武志の2年ぶりの新作!! - 「恋ではなく―― It's not love, but so where near.」サイト公開

しゃんぐりらすまーと OFFICIAL Web Site


数日前よりエロゲ雑誌経由で情報が出ていましたが、サイトも公開されていたので改めて紹介。
2007年の「潮風の消える海に」以来、2年ぶりの新作の報に期待が止まりません。2006年に作成して以来たった一人で「はてなキーワード早狩武志」を編集し続けている程度にはファンなので。


「2年ぶり」と表記しましたが、もちろんこの2年のあいだ早狩武志がずっと沈黙していたわけではなく、小説やノベルゲームで色々と活躍してきているのは知っています。
最近では「ナルキッソス 3rd」でのシナリオ担当が記憶に新しいですね。ラノベ初進出となった「ハーフボイルド・ワンダーガール」も色々な意味で話題をさらいました。


しかし、単独で企画・シナリオを担当するゲームとなるとこの2年のあいだ出ていないのです。
デビュー作である「僕と、僕らの夏」で一気にファンになって追いかけ続けている俺には、やはりゲームでも書いて欲しいという思いがずっとありまして。
まだトップページに告知用フラッシュムービーが掲載されているだけの状態なので作品内容についての情報はほとんどありませんが、画像の男女二人が主人公=女性視点の物語ということで「いつもの早狩節」が発揮される事は間違いない気がします。

発売予定はまだ未定とのことなので、本作が出るまでのあいだに「ナルキッソス 3rd」をプレイしておかないと。

関連記事

群青の空を越えてレビュー
本家サイトでの「群青の空を越えて」レビュー記事。本作は早狩武志の出世作にして代表作といえるでしょう。


潮風の消える海に - 偏読日記@はてな
このBlogでの「潮風の消える海に」感想記事。ヒロインに親切にしてやったら「マジ鬱陶しいんだけど」と罵られるようなエロゲ、それが「潮風の消える海に」!!


青春は、とっても苦くて、少しだけ甘い - 「ハーフボイルド・ワンダーガール」 - 偏読日記@はてな
「ハーフボイルド・ワンダーガール」から始める早狩武志ゲー入門 - 偏読日記@はてな
この2本の記事で、早狩武志作品を貫くある種の方向性について色々と語っているので「いつもの早狩節」についてはこちらを参照ください。特に「〜から始める早狩武志ゲー入門」はいま見返すと気合いが入りすぎていて自分でもちょっと怖いです。何この信者。