偏読日記@はてな

本を読んだりゲームをしたり、インターネットの話をしたりします。小説も書きます。

「ゲームの今  ゲーム業界を見通す18のキーワード」感想

それは、こと「ゲームについて語る」となると、明らかにゲームの現状を把握していない発言や、一方的(ないし極めて主観的)な見地からの発言が、急激に増大する傾向があるということだ。 興味深いことに、普段は冷静で、畑違いの分野について見解を示すにあ…

「メロディ・リリック・アイドル・マジック」感想

メロディ・リリック・アイドル・マジック (ダッシュエックス文庫) 東京都沖津区―国民的アイドルグループ・LEDに叛旗をひるがえした女子高生アイドルたちがしのぎを削る街。高校入学に合わせて学生寮に入った「吉貞摩真」はそこが沖津区アイドルたちの根拠地…

「カエアンの聖衣」

カエアンの聖衣〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫SF) 服は人なり、という衣装哲学を具現したカエアン製の衣装は、敵対しているザイオード人らをも魅了し、高額で闇取引されていた。衣装を満載したカエアンの宇宙船が難破したという情報をつかんだザイオードの密貿易…

籘真千歳イズムここにあり - 【θ/シータ】 11番ホームの妖精: 鏡仕掛けの乙女たち

【θ/シータ】 11番ホームの妖精: 鏡仕掛けの乙女たち (ハヤカワ文庫JA) 東京駅上空2200mに浮かぶホームには、銀の髪と瑠璃色の瞳を持つ少女と白い狼が住んでいる。彼らは忘れ去られた約束を信じて、今日もその場所で待っている。―high Compress Dimension tr…

青年、アラスカの雪原に死す - 「荒野へ」

荒野へ (集英社文庫) アラスカの荒野にひとり足を踏み入れた青年。そして四か月後、うち捨てられたバスの中で死体となって発見される。その死は、やがてアメリカ中を震撼させることとなった。恵まれた境遇で育った彼は、なぜ家を捨て、荒野の世界に魅入られ…

「海軍設営隊の太平洋戦争―航空基地築城の展開と活躍」

海軍設営隊の太平洋戦争―航空基地築城の展開と活躍 (光人社NF文庫) 昭和19年(1944年)初頭にニューギニア西部ソロン基地で飛行場の設営にあたった第二○三施設隊に所属していた筆者による回想録と、日本海軍設営隊に関する広範な資料をまとめたのが本書。。 …

「戦いの世界史 一万年の軍人たち」

戦いの世界史: 一万年の軍人たち人類が「戦争」という行為、現象、場所とどのように向き合ってきたかをあらゆる方向から掘り下げる大著。本書の内容の幅広さは各章のタイトルを挙げてみればすぐに判るところで、第1章から順に抜き出してみると「1.戦いの相…

「天冥の標」最新刊(VIII巻Part1)まで追いついた

天冥の標VIII ジャイアント・アークPART1 (ハヤカワ文庫JA) かつて六つの勢力があった。 それらは「医師団(リエゾンドクター)」「宇宙軍(リカバラー)」「恋人(プロステテュート)」「亡霊(ダダー)」「石工(メイスン)」「議会(スカウト)」からなり…

検証 戦争と気象―天気晴朗なれども波高し

検証 戦争と気象―天気晴朗なれども波高し (銀河ウォーセラーズ)「日本海海戦当日の天気図」「真珠湾攻撃当日の天気図」「キスカ島撤収の当日の天気図」「トラファルガー海戦当日の天気図」など、過去の戦場を再現した当時の天気図から語ってみるという観点は…

「「レアメタル」の太平洋戦争 なぜ日本は金属を戦力化できなかったのか」

「レアメタル」の太平洋戦争: なぜ日本は金属を戦力化できなかったのか 仮に当時の日本に資源が潤沢にあったとしても、やはり太平洋戦争には負けているだろう。それは「いかに金属を戦力化するか」、つまり「金属で優れた兵器を効率的にたくさん作る」という…

「失恋探偵ももせ」読んで現地に行ってきた

失恋探偵ももせ (電撃文庫) 「恋はいつか終わります――」 そんなことを言う後輩の千代田百瀬に巻き込まれ、野々村九十九は「失恋探偵」である彼女に手を貸す日々を送っていた。 ――失恋探偵。 それはミステリ研究会の部室を根城にして行われる、学校非公認の探…

わたし、人力飛行機のパイロットになります! - 「トリガール」

トリガール! 一浪の末、工業大学に入学した女子大生・鳥山ゆきなは、ラブリーでスイートな学生生活を夢見ていたが、ひょんなことから人力飛行機サークルに入部。パイロット班の先輩である高橋圭、坂場大志と人力飛行機のパイロットとして、鳥人間コンテスト…

「はたらく魔王さま!」(1)〜(2)

はたらく魔王さま! (電撃文庫) 世界征服まであと一歩だった魔王サタンは、勇者に敗れ、異世界『日本』の東京・笹塚にたどり着く。そんな魔王が日本でできること。それはもちろん“世界征服”!!──ではなく、駅前のファーストフード店でアルバイトをしながら生活…

最近の読書 - 「インテリぶる推理少女とハメたいせんせい」から「クラウゼウィッチーズ」まで

個別に感想記事を書かないまま読了済の本が増えてきたのでまとめて更新です。 インテリぶる推理少女とハメたいせんせい In terrible silly show, Jawed at hermitlike SENSEI (HJ文庫) 「インテリぶる推理少女とハメたいせんせい」、比良坂さんを受容できる…

「アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム」

アリス・リローデッド ハロー、ミスター・マグナム (電撃文庫)第4回札幌読書会(仮称)の課題図書に選定されたのを機に読んでみました。電撃文庫の大賞受賞作を発売直後に買って読むのなんて初めてかも。「行動力抜群のアホが思いもよらない動きをしたら上手…

俺が、お前をメインヒロインにしてやる! - 「冴えない彼女の育て方」(1)(2)

冴えない彼女の育てかた (富士見ファンタジア文庫) 桜舞い散る通学路で運命の出会いをした……ハズの俺。 だが、相手はキャラが全く立っていないクラスメートだった!? 「ならば、俺がお前をメインヒロインにしてやる!」 丸戸史明のヒロイン育成ラブコメ、開幕…

「スワロウテイル序章/人口処女受胎」

スワロウテイル序章/人工処女受胎 (ハヤカワ文庫JA) 「よく覚えておきなさい。人間(おや)が創造主として人工妖精(こども)を弄ぶことができるというなら、被造物(こども)の私たちもまた、人類唯一の隣人として人間(おや)の光と影を見透かしている。私…

魔法少女まどか☆マギカの巴マミは面倒くさ可愛い - 魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~

魔法少女まどか☆マギカ ~The different story~ (上) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ) 本編開始前のマミさんと杏子の過去話、ブルーレイ5巻付属のドラマCD「フェアウェル・ストーリー」で少しだけ触れられた部分が、マミさんを主人公として描…

飲み会行くたび 積みラノベ 増えるよ

夏コミで頒布された宅配コンバット学園合同誌を合同誌主催の@munimeg氏が北海道へ持参するにあたり、Twitterつながりの札幌のラノベ勢で先週末に出迎えしてました。5人で飲んでいて、その時点で持っているラノベを全員が出したらこの冊数。こわい。お互いに…

"最近のファンタジーラノベ"の最前線 - 「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」

問題児たちが異世界から来るそうですよ?YES! ウサギが呼びました! (角川スニーカー文庫) 世界に飽きていた逆廻十六夜(さかまきいざよい)に届いた一通の招待状。『全てを捨て、"箱庭"に来られたし』と書かれた手紙を開けた瞬間──完全無欠な異世界にいま…

「東雲侑子は全ての小説をあいしつづける」

東雲侑子は全ての小説をあいしつづける (ファミ通文庫)これはやばい…… 甘すぎて読んでるこちらの身体がかゆくなる……シリーズおなじみの男性主人公一人称視点での丁寧な描写が、以前にも増して全力でもってヒロイン東雲侑子の可愛らしさを表現することに投入…

田舎町×戦争×少女×人力飛行機=??? - 「終末の鳥人間」

終末の鳥人間 あっちもこっちも行き止まり。それでも、飛んでみるしかない!片田舎で、特にやりたいこともなくて、成績もよくなくて、モテない高校生。無理矢理入れられた人力飛行機部も成果が出ない。 そんななか、東アジア情勢は緊迫感を増して……。 読み応…

この事件が「探偵小説」を創った - 「最初の刑事 ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件」

最初の刑事: ウィッチャー警部とロード・ヒル・ハウス殺人事件 1860年、ヴィクトリア朝時代の英国。 6月のある朝、のどかな村にたたずむ屋敷<ロード・ヒル・ハウス>の敷地で、当主の3歳の息子が惨殺死体となって発見された。 殺された子供は施錠された屋敷…

建築基準法を知れば風景の見え方が変わる! - 「写真で学ぶ建築基準法」

写真で学ぶ建築基準法 (エクスナレッジムック) 斜めに欠けた高層ビルの上層階。鉄線で補強された高層階の窓。断面形状が四角形でなく扇形のビル。 街中で何気なく目にする様々な建築物の形状が、建築基準法のどの条文をどう解釈して決まっているかを写真を使…

数学が教えてくれたAmazonの真実 - 「Amazonランキングの謎を解く 確率的な順位付けが教える売上の構造」

Amazonランキングの謎を解く: 確率的な順位付けが教える売上の構造 (DOJIN選書) 「数学による現実のモデル化」の威力を鮮烈に見せ付けられた1冊。 本書のタイトル、「Amazonランキングの謎を解く」という表現からはAmazonがランキングの決定に採用している複…

宮下未紀×邪悪ヒロイン=至高!! - 「瑠璃垣夜子の遺言」(1)

瑠璃垣夜子の遺言 1 (BLADE COMICS) 瑠璃垣夜子の遺言/宮下未紀 - マッグガーデン・コミック・オンライン 瑠璃垣夜子と兄・瑠璃垣龍一郎には、誰にも言えない秘密がある。 それは7年前、龍一郎が瑠璃垣雷花を完全な計画犯罪で殺害したこと。そのことは、7年…

月見月理解の探偵殺人(1)

月見月理解の探偵殺人 (GA文庫)一人称ミステリとしての勘所をきちんと抑えた上で、エキセントリック過ぎるヒロインで話を回すキャラクター小説としてもよく出来ていて感心。「信用できない語り手」系といいますか、依頼主は消去法で誰かすぐ判ったけれど犯人…

軌道エレベーターを見上げる街で、僕らは恋をする - 「ほしのうえでめぐる」(1)

ほしのうえでめぐる 1 (BLADE COMICS) 僕らの生まれる前から あれは沖合の人口島で建設中だった「あれはこの街の誇り」「夢の乗り物だ」「完成まであと少し」「誰でも行ける宇宙旅行」ずっとそう聞いて育った(EPISODE01「リフト」より) これは面白いよ……!…

「軍靴のバルツァー」(1)〜(2)

軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS) この時代において 戦争は人々の生活の傍らに根ざしているものだった銃口から政権が 砲口から国家が 生まれる時代── 頭の切れる優秀な軍人である主人公が、ただ一人きりの軍事顧問として派遣された同盟国の士官学校で軍制…

「寄生彼女サナ」(2)

寄生彼女サナ 2 (ガガガ文庫) このノリが見たかったんだぜ……!! 無理矢理に典型的な「主人公の起床〜登校シーンでキャラクター紹介」というテンプレートに乗せたような序盤、おなじく無理矢理に「シリアスな戦闘シーンで締め」というテンプレートに乗せた…